リサーチ

「富士そば」でいつも演歌が流れているのはなぜ?

坂本数馬   2006/12/15掲載
はてなブックマークに追加
質問です。「富士そば」でいつも演歌が流れているのはなぜでしょうか…?
「富士そば」でいつも演歌が流れているのはなぜ?
 東京近郊にお住まいの方ならばご存知でしょう、山手線周辺にてチェーン展開しているおそば屋さん「富士そば」。そのひなびた佇まいと安価な料金設定、サッと注文、サッと出る手際の良さ、誰しもが期待する「そば屋」の醍醐味をギュッと凝縮還元したその魅力! 営業途中のサラリーマン〜飲み会帰りのお父さん〜部活帰りの高校生〜夜遊び途中の酔っ払い……「対象年齢」など存在しない暖かさで、今日も貴方のお腹を満たしてくれること間違いなし。

 そんな「富士そば」といえば、天ぷらそば/かつ丼といった看板メニューに加え、各店舗で微妙においているところ/おいていないところが分かれるスペシャル・メニュー(牛丼/カレーかつ丼)が存在するなど、食べるだけではない“発見”の喜びを与えてくれることでも有名ですが、何より気になるのはそのBGM。いつ何時店へ入ろうとも、オールウェイズ演歌(ごくごく稀にJ-POPの場合もあり)。店内に貼られているポスター(坂本数馬「愛…そして東京」(写真)公式Blogも更新中)、「坂本数馬のカセット売ってます」というポップからも伝わる、並々ならぬ演歌への愛。富士そばがここまで演歌にこだわる理由とは……その秘密がついに明らかにされるときがやってまいりました!

 「作詞家・丹まさと」としての顔も併せ持つ、富士そば(ダイタン・フード)社長・丹道夫の熱い思いが込められたコンピレーション・アルバム『演歌魂 〜富士そば編〜』が12月16日に発売決定!








 上記画像を見ればお分かりの通り、表ジャケット/中ジャケット/裏ジャケット/オビ裏/ブックレットの装丁にまで、「富士そば」マインドが溢れたこの逸品。注目のブックレットには、社長・丹道夫インタビューが! 〜現在は実業家として大きな成功を収めた社長の苦労時代、寂しい心を演歌に勇気付けられ頑張ることができた〜 という経験から、演歌をBGMとして流しているんですねえ……。

 富士そばをはじめたきっかけ、富士そば24時間営業の理由(もちろん演歌も24時間オンエア!)、社長による「夜のお店廻りエピソード」(泣ける!)、自身の作詞活動について(55歳にして作詞学校へ通学!)、大充実のインタビューの最後には「特別付録:富士そば全66店リスト(2006年11月現在/各店へのアクセス方法もあり!)」も掲載。特典には、かけそば一杯無料サービスのチャンス「お楽しみかけそばクジ」を封入! 「私の人生は演歌そのもの」という社長の言葉を調味料に、今宵も天玉そばが喉を駆け巡る!
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
全メディア/タイプ 最新リサーチ
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015