リサーチ

映画「魂のゆくえ」の予告編で流れる曲は?

2019/02/27掲載
はてなブックマークに追加
映画「魂のゆくえ」の予告編で流れる曲について教えてください。
 『アメリカン・ジゴロ』などの作品で知られる巨匠ポール・シュレイダーが監督を務めた映画「魂のゆくえ」が、2019年4月12日(金)より全国でロードショー。封切に先駆け、予告編が公開されています。

 本作は、戦争で失った息子への罪悪感を背負って暮らす牧師が、自らの所属する教会が社会的な問題を抱えていることに気付き、徐々に信仰心が揺らいでいく様子を衝撃的に描くヒューマン・ドラマ。『6才のボクが、大人になるまで。』のイーサン・ホークが主演を務めるほか、『マンマ・ミーア!』シリーズのアマンダ・セイフライド、『幸せの教室』のセドリック・ジ・エンターテイナーらが共演に名を連ねています。

 予告編で使用されている楽曲は、アメリカのリパブリック讃歌「ジョン・ブラウンの屍(原題: JOHN BROWN'S BODY)」の歌詞を変えてアレンジしたもの。誰が歌っているのは不明です。なお、同曲はジョーン・バエズピート・シーガーら多くのミュージシャンにカヴァーされているほか、様々な替え歌の原曲としても知られており、日本ではヨドバシカメラのCMソング「ヨドバシカメラの歌」のメロディが有名です。

(写真は、2014年12月に発売された、「JOHN BROWN'S BODY」が収録されているピート・シーガーの一周忌記念ボックス・セット『アメリカン・フェイヴァリット・バラッズ』)

※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] なんもないけどなんかある 踊Foot Works『GOKOH』[インタビュー] 心の拠り所となるものをみつけて、信じる気持ちが大切――聴き手の心を導く“光”となるキャサリン・ジェンキンスの最新作
[インタビュー] 地下アイドル卒業とメジャー・デビュー――『パノラマ街道まっしぐら』を巡る姫乃たまの現在[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力
[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”
[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』
[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』
[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015