リサーチ

映画「魂のゆくえ」の予告編で流れる曲は?

2019/02/27掲載
はてなブックマークに追加
映画「魂のゆくえ」の予告編で流れる曲について教えてください。
 『アメリカン・ジゴロ』などの作品で知られる巨匠ポール・シュレイダーが監督を務めた映画「魂のゆくえ」が、2019年4月12日(金)より全国でロードショー。封切に先駆け、予告編が公開されています。

 本作は、戦争で失った息子への罪悪感を背負って暮らす牧師が、自らの所属する教会が社会的な問題を抱えていることに気付き、徐々に信仰心が揺らいでいく様子を衝撃的に描くヒューマン・ドラマ。『6才のボクが、大人になるまで。』のイーサン・ホークが主演を務めるほか、『マンマ・ミーア!』シリーズのアマンダ・セイフライド、『幸せの教室』のセドリック・ジ・エンターテイナーらが共演に名を連ねています。

 予告編で使用されている楽曲は、アメリカのリパブリック讃歌「ジョン・ブラウンの屍(原題: JOHN BROWN'S BODY)」の歌詞を変えてアレンジしたもの。誰が歌っているのは不明です。なお、同曲はジョーン・バエズピート・シーガーら多くのミュージシャンにカヴァーされているほか、様々な替え歌の原曲としても知られており、日本ではヨドバシカメラのCMソング「ヨドバシカメラの歌」のメロディが有名です。

(写真は、2014年12月に発売された、「JOHN BROWN'S BODY」が収録されているピート・シーガーの一周忌記念ボックス・セット『アメリカン・フェイヴァリット・バラッズ』)

※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー
[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ[インタビュー] THA BLUE HERB、全30曲入り2枚組の大作でたどり着いた孤高の境地
[インタビュー] Moonの待望の新作『Tenderly』は、スタンダードからグリーン・デイまで歌うカヴァー集[インタビュー] 小坂忠、再発された70年代のアルバム『CHEW KOSAKA SINGS』と『モーニング』を語る
[インタビュー] Suchmos、WONKなどのコーラスを手がけてきた大坂朋子がSolmana名義でデビュー[インタビュー] 話題の公演“100チェロ”を東京で行なうジョヴァンニ・ソッリマが代表作を語る
[インタビュー] 山中千尋、ブルーノートとペトルチアーニへの思いを胸に、新作でジャズのキラキラした魅力を伝える[インタビュー] ハロプロ スッペシャ〜ル特別版 卒業直前! 宮崎由加(Juice=Juice)ロング・インタビュー
[インタビュー] “シティ”から“タウン”へ “けもの”のユニークな創作のひみつ[インタビュー] 音楽史上初めて登場した“ミニマル・ネイティヴ”のヴァイオリニスト、マリ・サムエルセンのDG専属契約第1弾ソロ・アルバム『マリ』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015