リサーチ

映画「赦しのちから」の予告編で流れる曲は?

2020/03/04掲載
はてなブックマークに追加
映画「赦しのちから」の予告編で流れる曲について教えてください。
 『祈りのちから』の作品で知られるケンドリック兄弟が再び製作を手掛けた映画「赦しのちから」が、2020年5月8日(金)より全国でロードショー。封切りに先駆け、予告編が公開されています。

 本作は、廃部となった高校のバスケットボール部のコーチ、ジョンが、いやいやながらコーチを引き受けたクロスカントリー部で、病気を抱えながらも走ることに打ち込む一人の女子生徒ハンナの姿に胸を打たれ、教えることへの情熱を取り戻していくというストーリー。ケンドリック兄弟の兄アレックスが監督・脚本・主演を、弟のスティーヴンも共に脚本を手掛け、新人のアリン・ライト=トンプソンがハンナ役を演じています。

 予告編で使用されている楽曲は、米ルイジアナ州出身のシンガー・ソングライター、ローレン・デイグルの「You Say」。2018年9月に発売された2ndアルバム『Look Up Child』に収録されています。

(写真は、ケンドリック兄弟が製作を手掛けた映画『祈りのちから』)

※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015