リサーチ

9月9日……タイトルに“99”を冠する楽曲は?

2022/09/09掲載
はてなブックマークに追加
曲名に“99”がつく曲にはどんなものがありますか。
 9が重なる9月9日は、古来から陽の数(奇数)の極となる“9”が重なることでめでたい日とされ、菊の花を飾ったり、酒を酌み交わすという風習が行なわれる重陽の節句をはじめ、9・9の語呂あわせから救急の日として親しまれてきました。また、9月9日はカーネル・サンダースの誕生日(今年で生誕132年)ということで、ケンタッキーフライドチキンでは「カーネルズ・デー」なるキャンペーンを行なっているようです。

 そんな9月9日にまつわる曲名として、今回は“99”がタイトルにつく曲名をいくつかピックアップしてみました。ただし、数字については“1999”のように99が含まれるものでなく、ジャズト“99”に絞って採り上げていきたいと思います。

 まず、多いのが年数を表わす「'99」タイプの楽曲ですが、広く知られている曲の筆頭格としては郷ひろみの「GOLDFINGER '99」でしょうか。タイトルどおり1999年に郷の76thシングルとしてリリースされ、リッキー・マーティンの世界的ヒット曲「リヴィン・ラ・ヴィダ・ロカ」を日本語詞でカヴァー。“A CHI CHI A CHI”のフレーズや振り付けも注目され、「よろしく哀愁」「哀愁のカサブランカ」に並ぶヒット曲となりました。

 不動のメンバーでデビュー35周年を迎えるレジェンダリー・ロック・バンドのBUCK-TICKには、「DOUBT'99」という楽曲があります。同曲はX JAPANのギタリストのhideへのトリビュート・アルバム『hide TRIBUTE SPIRITS』に収められた、hideの「DOUBT」を「DOUBT'99」としてトリビュート・カヴァーしたもの。hideは多くのアーティストやリスナーに影響を与えましたが、『hide TRIBUTE SPIRITS』はトリビュート・アルバムとしては異例のミリオンヒットを記録。ここでもその偉大さを示しています。

 デビュー25周年となるKinKi Kidsには「ふらいんぐ・ぴーぷる'99」という曲が。3枚目のアルバム『C album』のほか、ベスト・アルバム『39』にも収録されています。

 続いて、“99%”がつく楽曲。KinKi Kidsは“99”を冠する曲が多く「99%LIBERTY」(アルバム『H album -H・A・N・D-』およびベスト・アルバム『39』に収録)や、松本隆×細野晴臣コンビが手掛けた「99%」(アルバム『O album』収録)があります。アニメ『イナズマイレブン』のテーマ・ソングで人気を博したT-Pistonz+KMCは「99%」(アルバム『ゴリラビートはラッキィ7』収録)、SEBASTIAN Xのヴォーカリストの永原真夏は、「プリズム99%」(EP『バイオロジー』収録)、シンガー・ソングライターのイズミカワソラは『サイボーグ009』にインスパイアされたようなタイトルの「サイボーグ99%」(アルバム『サイボーグ99%』に収録)があります。「サイボーグ99%」はイズミカワソラのトリビュート・アルバム『タイムカプセル』でUNISON SQUARE GARDENがカヴァーをしています。また、“ギバちゃん”こと俳優の柳葉敏郎も自身のアルバム『A'96』のなかで「99%」なる楽曲を歌っています。

 そのほかでは、ポルノグラフィティ「稲妻サンダー99」(シングル「NaNaNa サマーガール」収録)、Original Love「99粒の涙」(アルバム『LOVER MAN』収録)、SPEED「Reset 99 to 00」(アルバム『RISE』収録)、DOBERMAN INFINITY「99」(アルバム『♯PRLG』収録)、FAKY「99」(2022年10月リリースのアルバム『F』収録)……冒頭で紹介した郷ひろみは、99thシングルとして前山田健一が手掛けた「99は終わらない」(写真)をリリースしたりと枚挙にいとまがありません。

 1984年に全米2位となったドイツのバンドネーナの「ロック・バルーンは99」やTOTOのシングル「99」をはじめ、海外に目を向ければ、さらに興味深い“99”ソングが発見できそうです。

 9月9日にフェイバリットなマイ“99”ソングを探してみるのも、面白いのではないでしょうか。
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] マーク・ジュリアナ、エレクトロニクスの要素を取り込み新たな方向性を示す新生ジャズ・カルテットの新作[インタビュー] 花*花、パルシステムとのコラボレーションで大ヒット曲「あ〜よかった」を再録音
[インタビュー] 「あさぴ」はROCKなサウスポー!ピアノYouTuber朝香智子の新作[インタビュー] ヴィユー・ファルカ・トゥーレ×クルアンビン、アフリカ、マリの伝説のギタリストをその息子とクルアンビンがオマージュ
[インタビュー] 沖仁、デビュー20周年、拠点を長野に移し新たな環境のなかでアルバムを制作[インタビュー] 後藤真希 、『ザ・マスクド・シンガー』シーズン2で優勝!
[インタビュー] ピアノの魔術師、ヒビキpiano 待望の新作[インタビュー] TOKU、20年を超えるキャリアを追った全32曲のベスト・アルバムを発表
[インタビュー] 秩父英里、CM・テレビなどにも楽曲を提供、国内外で評価される作曲家がデビュー・アルバムを発表[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム
[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015