リサーチ

NHK BS『MLB2022』の放送で流れている“エモい”曲は?

サーティー・セカンズ・トゥ・マーズ(30 SECONDS TO MARS)   2022/05/09掲載
はてなブックマークに追加
NHK BSで放送されている『MLB2022』のエンディングで流れている“エモい”曲はなんですか?
 投打の二刀流で2021年ア・リーグMVPを獲得したメジャー・リーグ、エンジェルスの大谷翔平選手や、今シーズンから同リーグに挑戦し、ナ・リーグの4月の月間最優秀新人に選ばれたカブスの鈴木誠也選手らの活躍で、連日賑わいを見せているMLB(メジャーリーグベースボール)。

 エンゼルス戦を中心とした試合はABEMAやNHK BSなどで観ることができますが、NHK BS1で放送されている『MLB2022』のエンディングでは、サーティー・セカンズ・トゥ・マーズの「DO OR DIE」が流れ、エモーショナルな曲調が番組を彩っています。

 サーティー・セカンズ・トゥ・マーズは1998年、俳優として活躍するジャレッド・レトを中心に米カリフォルニア・ロサンゼルスで結成されたロック・バンド。2005年の2ndアルバム『ア・ビューティフル・ライ』が200万枚超のセールスを記録し、一躍世界的なバンドへと躍進。2007年には単独来日公演を開催。2009年の『ディス・イズ・ウォー』を携えたツアーは1作における公演数のギネス記録にもなりました。

 なお、「DO OR DIE」も収録されている2013年リリースの4thアルバム『ラヴ・ラスト・フェイス・アンド・ドリームス』(写真)は自身初の全米トップ10入りを果たしています。

※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015