リサーチ

携帯の歴史を振り返るドコモwebムービー『もしも史』の懐かしい流行語が飛び交う楽曲は?

青山テルマ   2022/07/05掲載
はてなブックマークに追加
当時のファッションやダンスとともに携帯の歴史を振り返るドコモのwebムービー『もしも史』の、流行語が飛び交う楽曲は何ですか?
携帯の歴史を振り返るドコモwebムービー『もしも史』の懐かしい流行語が飛び交う楽曲は?
 NTTドコモが2022年7月1日に、1992年7月1日の営業開始から30周年を迎えたことを記念して、携帯電話の歴史を振り返るWEBムービー『もしも史』を公開しています。

 本ムービーでは、電話ボックスの利用からはじまり、ショルダーフォン、ポケベル、ガラケー、スマートフォンと、携帯電話の歴史を当時の流行やファッション、ダンスとともに伝えています。ジュリ扇を振るボディコン女性、ルーズソックスを履いたコギャルたち、チェックのシャツをジーンズにinしたオタク男子など、懐かしのキャラクターたちが次々と登場。ポップなダンスにのせて、トランシーバーのように大型の携帯で“アッシー君”を呼んでみたり、ポケベルに打った番号で想いを伝えたりと、その時代の人ならではの“人とのつながり方”をも表現しています。

 「しもしも?」「チョベリグ」から「ばえる」「好きピ」まで、流行語がふんだんに盛り込まれたクセになるCMオリジナル・ソングも特筆すべきところ。ムービーの主役として踊りながら歌っているのは、シンガーの青山テルマです。今年デビュー15周年を迎える青山は、2008年にもラッパーのSoulJaをフィーチャーした「そばにいるね」で同年のドコモの春季キャンペーン・ソングを担当。同曲は、「着うたフル(R)」 での200万ダウンロード、CDは55万枚出荷を記録した自身の代表曲として知られます。

 また作曲は、“ぼくのりりっくのぼうよみ”としても活動していた“たなか”が手掛けており、「もしもし?の形は変わっても、私たちはつながってきたんだ」のサビでの歌詞の通り、人とのつながりを温かく、懐かしく感じられるような楽曲となっています。

※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] だれかの「こころのやらかい場所」に。一瞬しかないの最強のデビュー・アルバム[特集] 東京音楽大学附属オーケストラ・アカデミー、オーケストラ奏者養成機関に見た大海原に漕ぎ出す若き才能の萌芽
[インタビュー] 宮本笑里、デビュー15周年を記念してクラシックの小品を弾いた『classique deux』[インタビュー] 初の全国流通盤をリリース 話題の一寸先闇バンド登場
[インタビュー] 室田瑞希、ひとりの表現者としての在り方を示す ニュー・シングル[特集] 鞘師里保、初のファンミーティング開催! 
[インタビュー] 元キマグレン・ISEKIが惚れ込んだ絶景の白馬岩岳で行なわれる山頂音楽フェスの魅力とは?[インタビュー] みやけん、人気ピアノYouTuber 早くも2ndアルバムを発表
[インタビュー] 蔦谷好位置が語る映画『SING/シング:ネクストステージ』日本語吹替えキャストの歌[インタビュー] 岸 裕真、注目のAIアーティスト初の作品集を発表
[インタビュー] 矢川 葵、「昭和歌謡を歌い継ぐ」ソロとして再始動[インタビュー] 踊るヴァイオリニスト×気鋭の歌い手「RiO楽曲制作プロジェクト」
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015