リサーチ

HONDAのCMの「グリーン・グリーン」は誰の曲?

コンスタンス・アミオ(Constance Amiot)   2008/02/14掲載
はてなブックマークに追加
ASIMOがウェイターをしているHONDAの企業CMで流れる「グリーン・グリーン」は誰の曲ですか?
 2008年1月より放送開始されたHONDAの企業TV-CM「ASIMO - DINER篇」。ロボットのASIMOがカジュアルなレストラン(=DINER)で働く、そんな近い未来に見るであろう光景のバックで流れているのは、合唱曲としても有名な「グリーン・グリーン」のカヴァー。歌っているのは、アフリカ生まれのフランス人女性シンガー、コンスタンス・アミオ(Constance Amiot)です。

 「グリーン・グリーン」は、ランディ・スパークスを中心に結成された男女混成9人組モダン・フォーク・グループ、ニュー・クリスティ・ミンストレルズのヒット曲(63年)。日本では、学校の教材にも使われる“合唱曲の定番ソング”として広く知られている楽曲です。

 そんな「グリーン・グリーン」をカヴァーしているコンスタンス・アミオは、フォークを基調にした温かみのある演奏が魅力の女性シンガーで、昨年にアルバム『フェアリーテイル』(写真)を発表しています。今回の「グリーン・グリーン」は、Charaらのアレンジャーとしても活躍する橋本竜樹が編曲を担当。残念ながらCMオリジナル曲のため、CD作品としてのリリースは予定されていないようです。その歌声が心に残ったアナタなら、これを機に彼女の作品に触れてみてはいかがでしょうか?

CM視聴はコチラ
コンスタンス・アミオの公式サイト
コンスタンス・アミオのMySpaceページ
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット
[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー![インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに
[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015