リサーチ

HONDAのCMの「グリーン・グリーン」は誰の曲?

コンスタンス・アミオ(Constance Amiot)   2008/02/14掲載
はてなブックマークに追加
ASIMOがウェイターをしているHONDAの企業CMで流れる「グリーン・グリーン」は誰の曲ですか?
 2008年1月より放送開始されたHONDAの企業TV-CM「ASIMO - DINER篇」。ロボットのASIMOがカジュアルなレストラン(=DINER)で働く、そんな近い未来に見るであろう光景のバックで流れているのは、合唱曲としても有名な「グリーン・グリーン」のカヴァー。歌っているのは、アフリカ生まれのフランス人女性シンガー、コンスタンス・アミオ(Constance Amiot)です。

 「グリーン・グリーン」は、ランディ・スパークスを中心に結成された男女混成9人組モダン・フォーク・グループ、ニュー・クリスティ・ミンストレルズのヒット曲(63年)。日本では、学校の教材にも使われる“合唱曲の定番ソング”として広く知られている楽曲です。

 そんな「グリーン・グリーン」をカヴァーしているコンスタンス・アミオは、フォークを基調にした温かみのある演奏が魅力の女性シンガーで、昨年にアルバム『フェアリーテイル』(写真)を発表しています。今回の「グリーン・グリーン」は、Charaらのアレンジャーとしても活躍する橋本竜樹が編曲を担当。残念ながらCMオリジナル曲のため、CD作品としてのリリースは予定されていないようです。その歌声が心に残ったアナタなら、これを機に彼女の作品に触れてみてはいかがでしょうか?

CM視聴はコチラ
コンスタンス・アミオの公式サイト
コンスタンス・アミオのMySpaceページ
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] さらに成長をとげた2nd EPをリリース、鞘師里保[インタビュー] 和田彩花、全作詞とアートワークを手掛けたアルバム完成
[特集] 『マッカートニー 3,2,1』ポール・マッカートニーがこれまでの音楽活動をリック・ルービンと語るドキュメンタリー[インタビュー] デビュー20周年のジャズ・ヴォーカリスト、待望の新曲をリリース Shiho
[インタビュー] BeatleDNA、ビートルズへの思いがあふれる人気シリーズが完結 制作担当者が語る実現までの笑いと涙[インタビュー] 西から上がるロックンロール新時代の狼煙、THE PERRY
[インタビュー] 山中千尋、レコード・デビュー20周年を記念して、新録を含むバラード・ベスト・アルバムを発表[インタビュー] 佐藤浩市、キャリア初のヴォーカル・アルバムは豪華ゲストを迎えた無観客ライヴ
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015