ニュース

なぜ助けた!? “対熊スーツ”をまといクマに理由を確かめに行った男のドキュメンタリーがDVD化

トロイ・J.ハートビス   2006/08/28掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
 カナダでスクラップ業を営むトロイ・J.ハートビスは、山中で凶暴なクマ=グリズリーと遭遇するも、襲われることなく無傷で帰還する。なぜグリズリーは自分を襲わなかったのか? その答えを導き出すため再遭遇を決意したトロイは、自身が開発した“対熊パワードスーツ”を着用して同じグリズリーとの再接近に臨む。そんなトロイの姿を追ったドキュメンタリー『プロジェクト・グリズリー』がDVD作品(ALBCD-1673S \3,990(税込)・写真)としてアルバトロスより9月2日に発売されます。

 主人公のトロイは、映画『ロボコップ』をモチーフに“防熊パワードスーツ”を開発。完璧な耐久性を求め、数十mもの崖から落下したり、猛スピードで突っ込んでくるトラックに吹っ飛ばされたりする実験を繰り返し、延べ7年の月日と150万ドルを投じてついに完成させる・・・・・・のだが、その半端ではない重量と、トロイ自身の「閉所恐怖症」で、その動きは生まれたての馬や牛よりも遅い始末。本作では、そんな至って真剣なのに、どこか“おバカ”な感じ漂うトロイの姿を追っています。

 なお主人公トロイは、この作品のおかげでカルト的な人気を獲得、あの人気アニメ『ザ・シンプソンズ』にもトロイの行動をパロディにしたエピソードが登場したこともあるそうです。


『プロジェクト・グリズリー』(ALBCD-1673S \3,990(税込))
・製作総指揮:ルイス・ロア/ゲリー・フラハイヴ
・製作:マイケル・オールダー
・監督:ピーター・リンチ
・編集:キャロライン・クリスティ
・撮影:トニー・ワナメイカー
・音楽:アン・ボーン/ケン・メイヤ
・出演:トロイ・J.ハートビス

≪映像特典≫
・予告編
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[後編][インタビュー] “ポスト何々”の次を求めて――tofubeatsが『FANTASY CLUB』で目指した新たなステージ
[インタビュー] 経験と生き方を歌う。ただ、それだけ――MC KHAZZ『SNOWDOWN』[インタビュー] シンプルに“音楽であること”――KASHIFが徹底して単身で挑んだ処女航海『BlueSongs』
[インタビュー] 思い出すのは些細なこと――新しい「美女と野獣」とアラン・メンケン30年の想い[インタビュー] 曲が意志を持ったように完成していった――ミューならではの“色”に満ちた2年ぶりの新作『ヴィジュアルズ』
[インタビュー] 自分にとってなにが気持ちいいのかを見極める3年間――“抜けの良さ”を求めたYOUR SONG IS GOOD『Extended』[インタビュー] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[前編] インタビュー: 豊田耕三(O’Jizo)
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015