CDJ.com的 “2009年・回顧録”

2009/12/28掲載
はてなブックマークに追加
 “KING OF POP”マイケル・ジャクソン、“KING OF ROCK”忌野清志郎、ヘヴィ・ロックの先駆者BLUE CHEERを率いたDickie Peterson、『狂い咲きサンダーロード』をはじめ、『はるちゃん』『おくりびと』と、スクリーンからブラウン管まで、独特の存在感で視聴者を魅了した山田辰夫、エンタテインメントの進化と発展をリードした多くの才能が旅立っていった2009年。偉大すぎるその足跡を辿るにはまだ日が近すぎる気もしますが、忘れないうちにぜひ。

 いつごろからか、さほど意味もなくなってきたような気がする“解散”の二文字。しかしながら、思春期に夢中になったバンドが復活するとなれば話は別。大人パワー全開でグッズ収集へ突き進む貴方は微かな希望を失わないよう。いまだ日本盤CDにプレミア付きっぱなしのリッチ・キッズ(NOT“ON LSD”)も来年復活しちゃいます。

 あの人があの人とあんなこと! まさかの新バンドに、名前だけで100点満点のあのバンドがメジャーへ、早くも話題騒然の2世アーティスト・デビュー、“元〜”なその魅力、20代前半&アンダー20代アーティストの台頭、そして待望の“○○年ぶり”。「噂だけの世紀末」をはるかに超える“超新星”に期待しましょう。

 ケータイ世代のお財布を直撃する、ヒットを数多く生み出してきたCM曲。なんといっても今年の顔は、マスク姿がトレードマークのたつやくんと、新世代“CMソングの女王”マユミーヌのユニットが歌う「まねきねこダックの歌」。なおマユミーヌは来年2月10日に初のフル・アルバムを発表することが決定、。「まねきねこダックの歌」のほか、「ほしのかずだけ」「アヒルのワルツ」、さらに新曲も加えた全12曲を収録予定。お楽しみに。
最新 CDJ PUSH
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015