ニュース

avengers in sci-fi、下北沢ERA熱狂ライヴ!

avengers in sci-fi   2010/11/24 15:05掲載
はてなブックマークに追加
avengers in sci-fi、下北沢ERA熱狂ライヴ!
 ニュー・アルバム『dynamo』を引っ提げ全国ツアー中のavengers in sci-fiが、11月19日(金)に下北沢ERAにて、追加公演を開催! ……といっても、全国ツアー<Delight Slight Flight Tour>は11/13(土)の横浜F.A.Dからはじまったばかり、この日がツアー2本目。東京でのワンマン・ライヴは、ツアー・ファイナルとなる2011年2月19日の新木場STUDIO COASTまでないため、急遽追加公演という形で行なわれました。

 なぜERAかというと、インディーズ初期、彼らがはじめて作品をリリースしたのがERAのレーベル「blue green」から。今回はそのお返し、という意味も含め、久々にERAでワンマン・ライヴを行ない、メンバーの木幡(g、vo、syn)の「いちばん最初に僕らに優しくしてくれたのが、このERAでした」とのMCが印象的でした。

 ソールド・アウトとなったフロアは、開演前からすでに扉から人が溢れんばかりの状態。10分押しで暗転、いつものオープニングSEではなく、『dynamo』のオープニング、心臓の鼓動音の轟音とともにメンバーが登場。あの緻密極まりない『dynamo』の曲たちが、フロアを無重力のダンス天国へと昇華! また、新曲ラッシュのセットリストに組み込まれたお馴染みの曲たちが、新たな輝きを帯びてパワーアップしているのもファンには嬉しい今回のツアー。ライヴ中揺れまくっていたERAのフロアと空気、ライヴ後のオーディエンスの“楽しすぎる!”表情がその証拠。

 まだまだ始まったばかりの2本目にしてこのクオリティ、この後20本強のステージをこなしファイナルの新木場に帰ってくるavengers in sci-fi、どんな宇宙体験をさせてくれるのか、期待しましょう!


avengers in sci-fi

avengers in sci-fi

avengers in sci-fi

avengers in sci-fi


(Photo By Ryo Nakajima/SyncThings)
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説
[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版
[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015