ニュース

ポーティスヘッドのベス・ギボンズ、初のソロ・アルバム『Lives Outgrown』を発表

ベス・ギボンズ   2024/02/09 14:26掲載
はてなブックマークに追加
ポーティスヘッドのベス・ギボンズ、初のソロ・アルバム『Lives Outgrown』を発表
 90年代〜00年代の音楽シーンに多大なる影響を与えたブリストル・サウンドの先駆者、ポーティスヘッドのヴォーカリストとして知られるベス・ギボンズ(BETH GIBBONS)が、ソロ作品としては初となるアルバム『Lives Outgrown』を5月17日(金)にCD、LP、デジタル / ストリーミング配信で世界同時リリースすることが決定。あわせて、1stシングル「Floating On A Moment」がミュージック・ビデオとともに公開されています。

 完成までに10年を要した本作は、アークティック・モンキーズデペッシュ・モード、ザ・ラスト・ディナー・パーティーらを手がけるジェームス・フォードとベス本人の共同プロデュース作品となり、トーク・トークのドラマー、リー・ハリスも制作に参加しています。また、ベスのキャリアを通して最もパーソナルな作品であり、ベスの言葉を借りれば「多くの別れ」を経たことで生まれたとのこと。それは、家族との別れ、友人との別れ、そして過去の自分との別れ。

 収録される10曲は、人生の半ばを迎えた今だからこそ生まれた楽曲ですが、ベスは変化と再生の10年間を経て、新たな目的を持つようになり、「人は死に近づいていく。若い時は、結末がどうなるかわからないし、どのように展開していくのかもわからない。私たちはこれを乗り越えられるって考えるし、物事はきっと良くなるって思う。だけど受け入れ難い結末もある。様々なことを乗り越えた今、私はただ、勇気を持たなければならないと感じてる」と語っています。

 また、今回公開されたMVの監督は、デヴィッド・ボウイの「Where Are We Now?」を手がけたトニー・アウスラーが担当。彼は「初めて『Floating On A Moment』を聴いたとき、文字通り私の意識をあちこちへと連れ去り、万華鏡のような感情と幻影で満たしてくれた。できることなら、このビデオでそのサイキックな液体的感覚をとらえたかった。ベスの作品はとてもパワフルで、私たちを人生の森や火事の中へと導き、可能性のある未来を垣間見せてくれる。そのような歌声と音楽のためには、オープンでどこか思索的な映像を作らなければならないと思った」とコメントしています。

 ベス・ギボンズは、ポーティスヘッドとしてリリースした3作に加え、ラスティン・マンとのコラボ・アルバム『Out Of Season』や現代音楽の作曲家ペンデレツキと共演した『Henryk Gorecki: Symphony No. 3 (Symphony of Sorrowful Songs)』のほか、最近ではケンドリック・ラマーのアルバム『Mr Morale & the Big Steppers』に参加したことでも話題となっています。


Photo by Netti Habel

ベス・ギボンズ「Floating On A Moment」配信リンク
bethgibbons.ffm.to/floatingonamoment

■2024年5月17日(金)リリース
ベス・ギボンズ
『Lives Outgrown』

hwww.beatink.com/products/detail.php?product_id=13902

[収録曲]
01. Tell Me Who You Are Today
02. Floating On A Moment
03. Burden Of Life
04. Lost Changes
05. Rewind
06. Reaching Out
07. Oceans
08. For Sale
09. Beyond The Sun
10. Whispering Love
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 文坂なの [インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル
[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ![インタビュー] you-show まずは目指せ、新宿制覇! 新宿発の楽曲派アイドル・グループがデビュー!
[インタビュー] 想像を超えた創造。タフでラフでラブな一枚 崇勲×ichiyonのジョイント・アルバム[インタビュー] 千住 明、オペラ・アリアをヴァイオリンで 千住真理子とともに20年以上前の編曲スコアを再録音
[インタビュー] 思い出とともに甦る名曲の数々 藤あや子のカヴァー・アルバム[インタビュー] 紫 充実の新作を発表、海外フェスへの出演決定と結成55周年に向け勢いを増すバンドの現在と未来
[インタビュー] RISA KUMON バイリンガル・シンガー・ソングライター  ユニバーサルなアルバムでデビュー[インタビュー] HAIIRO DE ROSSI ジャズ・ラップの金字塔 10枚目にして最高傑作
[インタビュー] 朝香智子  人気ピアノYouTuber  全曲オリジナル楽曲による新作[インタビュー] セルゲイ・ナカリャコフ 世界有数のトランペット奏者が新作アルバムで挑んだヴィトマン作曲の超難曲
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015