ニュース

近田春夫、ソロ名義でのニュー・アルバム『超冗談だから』を10月にリリース

近田春夫   2018/09/18 13:29掲載
はてなブックマークに追加
近田春夫、ソロ名義でのニュー・アルバム『超冗談だから』を10月にリリース
 近年では元ハルヲフォンのメンバー3人による新バンド“活躍中”としても活動する近田春夫が、ニュー・アルバム『超冗談だから』(VICL-65050 2,778円 + 税)を10月31日(水)にリリース。ソロ名義では実に38年ぶりのアルバムとなる同作には、秋元 康のん、AxSxE(NATSUMEN)、児玉雨子らが楽曲を提供。また、楳図かずおが作詞を手がけた「ああ、レディハリケーン」(1979年)や、ジューシィ・フルーツへの提供曲「ラニーニャ 情熱のエルニーニョ」(アルバム『BITTERSWEET』収録曲)といった、セルフ・カヴァーも収録。

 近田春夫は、10月2日(火)に〈近田春夫 FIXES LIVING 秘密党結成記念 道玄坂集会大前夜祭〉と題し、ゲストとしてエディ藩ザ・ゴールデン・カップス)を迎え、東京・渋谷 LIVING ROOM CAFE(渋谷プライム5階)にてライヴを開催。同公演の入場料は税込9,000円となっており、近田オリジナル・レシピによる“秘密御膳”(お弁当)の代金も含まれています。

■2018年10月31日(水)発売
近田春夫
『超冗談だから』

VICL-65050 2,778円 + 税

[収録曲]
01. ご機嫌カブリオレ
(作詞: 秋元 康 / 作曲: 大河原 昇 / 編曲: APAZZI)
02. 超冗談だから
(作詞: 児玉雨子 / 作曲: AxSxE / 編曲: AxSxE)
03. 0発100中
(作詞: 児玉雨子 / 作曲: 鈴木 豪 / 編曲: 鈴木 豪)
04. ミス・ミラーボール
(作詞: 児玉雨子 / 作曲: 山本健太郎 / 編曲: 山本健太郎)
05. ラニーニャ 情熱のエルニーニョ
(作詞・作曲: 近田春夫 / 編曲: 鈴木 豪)
06. 途端・途端・途端
(作詞: 児玉雨子 / 作曲: 禎 清宏 / 編曲: 禎 清宏)
07. 夢見るベッドタウン
(作詞: 児玉雨子 / 作曲: 葉山博貴 / 編曲: 坂東邑真)
08. ああ、レディハリケーン
(作詞: 楳図かずお / 作曲: 近田春夫 / 編曲: WIDESHOT)
09. 今夜もテンテテン
(作詞: 児玉雨子 / 作曲: 坂東邑真 / 編曲: 坂東邑真)
10. ゆっくり飛んでけ
(作詞・作曲: のん / 編曲: 岡田ユミ&SOLEIL)
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 楽しいことが一個でもあったら生きていける フィメール・ラッパーのpinokoがChilly Sourceからデビュー[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』
[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』
[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”
[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』
[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』
[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015