ニュース

英国が世界に誇るキング・オブ・ジャズ・ファンク、DOWN TO THE BONEのニュー・アルバムが登場!

ダウン・トゥ・ザ・ボーン(Down To The Bone)   2009/04/23 15:04掲載
はてなブックマークに追加
 2008年の来日公演も記憶に新しい、世界に誇る英国のジャズ・ファンク・プロジェクト、DOWN TO THE BONE(ダウン・トゥ・ザ・ボーン)のニュー・アルバム『FUTURE BOOGIE』(SWIP-7508 税込2,300円/写真)が、4月23日に発売されました。

 今作には、元インコグニートのベース・プレイヤーのジュリアン・クランプトン、ギターにトニー・レミーが参加し、前作『Supercharged』から引き続き、ロイ・エアーズヒル・ストリート・ソウルといったメンバーも参加。ファンキーなブラスに彩られたストレートなジャズ・ファンク・ナンバーや、ヒル・ストリート・ソウルの軽やかなヴォーカル楽曲まで、幅広いリスナーが楽しめる1枚に仕上がっています。

 ジャズ・ファンクを愛する人はもちろん、ジャム・バンドが好きという方も要チェックの1枚です!


※4月23日発売

●DOWN TO THE BONE『FUTURE BOOGIE』
(SWIP-7508 税込2,300円)

[収録曲]
01 Future Boogie
02 Should've Been You Feat. Hil Street Soul
03 Spiderlegs
04 Good To Me Feat. Roy Ayers
05 Get On It
06 The Brighter Side Feat. Hil Street Soul
07 Gotcha!
08 In The Pocket
09 Smash And Grab
10 We've Always Got The Music
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作
[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』
[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表
[インタビュー] 赤頬思春期 アコースティックでファッショナブル 噂の2人組が日本デビュー[インタビュー] 聴く人を架空のリゾートにご案内――Pictured Resortの新作が誘う日常からのエスケープ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015