ニュース

エフゲニー・キーシンの新作は初の弾き振りによるモーツァルト。共演はクレメラータ・バルティカ

エフゲニー・キーシン(EVGENY KISSIN)   2010/07/29 15:34掲載
はてなブックマークに追加
 巨匠ピアニストへの道を着々と歩んでいるエフゲニー・キーシン(Evgeny Kissin)のニュー・アルバム『モーツァルト:ピアノ協奏曲第20&27番』(TOCE-90152 税込3,000円)が8月4日にリリースされます。

 80年代初期に天才児として国際デビューしたキーシンは成熟を重ね、現在39歳。驚異的なテクニックと非の打ち所のない音楽性は、聴衆も批評家をも魅惑し続けており、ワシントン・ポスト紙はキーシンを“世界的大アーティスト”と呼んでいます。

 今回の新作アルバムは、キーシン初のピアノ・ソロと指揮者を兼任した録音! 共演はクレメラータ・バルティカです。

 モーツァルトのピアノ協奏曲第20番は珍しく短調で書かれた作品で、ベートーヴェンが賞賛、自分の演奏会でも盛んに採り上げました。キーシンにとっては、10歳の協奏曲演奏会デビューの際に弾き込んだ曲目になります。

 一方の第27番は、モーツァルトのピアノ協奏曲の最後の作品で円熟の極にあります。こちらはキーシンの初録音です。


※8月4日発売
エフゲニー・キーシン
『モーツァルト:ピアノ協奏曲第20&27番』
(TOCE-90152 税込3,000円/HQCD仕様)

[収録曲]
モーツァルト
01. ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K466
02. ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調 K595

[演奏者]
エフゲニー・キーシン(p、指揮)
クレメラータ・バルティカ

[録音]
2008年6月17〜19日
ミュンヘン、ヘラクレスザール
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “グレート・アメリカン・ソングブック + スパイス・ガールズ” ローレン・デスバーグの普遍的魅力[インタビュー] “豊かさ”を思い出させる音楽 児玉奈央『IN YOUR BOX』
[インタビュー] ジャズ・ギタリスト小沼ようすけが追求する、生き方とマッチした音楽“Jam Ka”[インタビュー] どんどん上がっていくイメージをキープしていたい――ラフィンノーズが“ニュー・アルバム”『NEGATIVE』を2作同時リリース
[インタビュー] 最新の挑発――Ramza『sabo』[インタビュー] “知らない土地でノーバディになれた” 解き放たれたインプロヴィゼーション――ハクエイ・キム『カンヴァセーションズ・イン・パリ』
[インタビュー] フレッシュな気持ちとユーモアをもって音楽に接する 高田 漣『FRESH』[特集] 働く女性を応援!ラフィネの新CMは「職業、セラピスト。」
[インタビュー] 遊佐未森、デビュー30周年記念作品第2弾はライヴ音源+映像のメモリアル作品[インタビュー] CAPTAIN TRIP RECORDS&MARBLE SHEEPのKEN MATSUTANI率いる“KEN & THE STRANGE MOON”が1stアルバムをリリース
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015