ニュース

エフゲニー・キーシンの新作は初の弾き振りによるモーツァルト。共演はクレメラータ・バルティカ

エフゲニー・キーシン(EVGENY KISSIN)   2010/07/29 15:34掲載
はてなブックマークに追加
 巨匠ピアニストへの道を着々と歩んでいるエフゲニー・キーシン(Evgeny Kissin)のニュー・アルバム『モーツァルト:ピアノ協奏曲第20&27番』(TOCE-90152 税込3,000円)が8月4日にリリースされます。

 80年代初期に天才児として国際デビューしたキーシンは成熟を重ね、現在39歳。驚異的なテクニックと非の打ち所のない音楽性は、聴衆も批評家をも魅惑し続けており、ワシントン・ポスト紙はキーシンを“世界的大アーティスト”と呼んでいます。

 今回の新作アルバムは、キーシン初のピアノ・ソロと指揮者を兼任した録音! 共演はクレメラータ・バルティカです。

 モーツァルトのピアノ協奏曲第20番は珍しく短調で書かれた作品で、ベートーヴェンが賞賛、自分の演奏会でも盛んに採り上げました。キーシンにとっては、10歳の協奏曲演奏会デビューの際に弾き込んだ曲目になります。

 一方の第27番は、モーツァルトのピアノ協奏曲の最後の作品で円熟の極にあります。こちらはキーシンの初録音です。


※8月4日発売
エフゲニー・キーシン
『モーツァルト:ピアノ協奏曲第20&27番』
(TOCE-90152 税込3,000円/HQCD仕様)

[収録曲]
モーツァルト
01. ピアノ協奏曲第20番 ニ短調 K466
02. ピアノ協奏曲第27番 変ロ長調 K595

[演奏者]
エフゲニー・キーシン(p、指揮)
クレメラータ・バルティカ

[録音]
2008年6月17〜19日
ミュンヘン、ヘラクレスザール
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 自分たちのリアルなドラマをそのまま曲にする ゆるふわギャング『Mars Ice House II』[インタビュー] セルフカヴァーとバンド・アレンジが占める“みなさんのおかげ”で生まれたアルバム 町あかり『収穫祭!』
[特集] やなぎなぎ×Tom-H@ck 「ファイブキングダム―偽りの王国―」主題歌にて初コラボ実現[特集] 全209タイトル発売「ULTRA-VYBE presents 名盤1000円シリーズ」
[インタビュー] 宮下遊とseeeeecunによるフレッシュなケミストリー Doctrine Doctrine[インタビュー] “こんなにおいしくできちゃった!”料理と音楽を届けるフリージャズ+ポップス・バンドcooking songsの『Curry Rice』
[インタビュー] 最高の素材と料理人から生まれた“変な曲” レイザーラモンRG「いただきます」[インタビュー] 泣けるより笑える方がいい。MC KHAZZ & DJ HIGHSCHOOL『I’M YA BOY』
[インタビュー] 歌に直結する心 ネーネーズの新たな出発点『MAPAI』[インタビュー] 役者として、歌手としての進化 水谷果穂「君のステージへ」
[インタビュー] 「でもしょうがないんだよね」と言ってほしい。言ってあげたい――ヒグチアイの“らしさ”が詰まった『日々凛々』[インタビュー] ある意味ニセモノ──半田健人が構築した“メタ・フォーク”アルバム『生活』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015