ニュース

ヒューマンピラミッド、新作『Power Pose』をリリース

Human Pyramids   2019/12/05 13:45掲載
はてなブックマークに追加
ヒューマンピラミッド、新作『Power Pose』をリリース
 スコットランドのマルチ・インストゥルメンタリスト、Paul Russellが率いる総勢14名のインストゥルメンタル・ロック・オーケストラ、ヒューマンピラミッド(Human Pyramids)が、3rdアルバム『Power Pose』(CD RIC064 2,200円 + 税)を12月25日(水)にリリース。アルバム冒頭曲「4000 Miles」がBandCampにて公開されています。

 リリースからわずか10日間で初回盤プレスCDがソールドアウトになったデビュー・アルバム『Planet Shhh!』から6年、The Guardian、The Skinny、Prog Magazineなどの有名音楽メディアから絶賛された2ndアルバム『Home』から2年ぶりとなる本作には、全13曲(42分07秒)を収録。また、日本盤CDのみボーナストラック「Kara」が収録され、ポストカードが付属します。

 アンダーワールドジェイムス・ブレイクアース・ウインド&ファイアーといった有名アーティストと同じ〈Glastonbury Festival〉のメイン・ステージへの出演。メンバーによるレディオヘッドの名曲シングル「Burn The Witch」のレコーディングへの参加。2ndアルバム『Home』収録曲「Crackle Pop」のミュージック・ビデオの〈Raindance Film Festival〉や〈UK Music Video Awards〉でのノミネートなど活躍を続け、まさに、飛ぶ鳥を落とす勢いで制作された、ヒューマンピラミッド史上、最高傑作の完成です。

 ヴァイオリンやチェロなどの弦楽器、トランペットやフレンチホルンなどの管楽器を贅沢に使用した壮大なオーケストラサウンド。荒ぶるディストーション・ギターと圧倒的な迫力で迫るドラムで構成されたリズム。そして、映画やCMなどの音楽制作の世界でも活躍するリーダー / 作曲家であるPaul Russellによるキャッチーなメロディ。その全ての要素が組み合わさることで生み出されるサウンドは、奇跡的なまでにファンタジック。加えて、今作はホームタウンであるスコットランド、グラスゴーのアーティスト・モグワイアラブ・ストラップエアーエオグラムと同じスタジオ「Chem 19」にてミキシングされ、米ジャージーシティーにてダーティー・プロジェクターズアニマル・コレクティヴを手がける〈グラミー賞〉ノミネート・エンジニア、Joe Lambertによってマスタリング。疾走感と高揚感を併せ持つ、最高のサウンドクオリティーに仕上がっています。

拡大表示


■2019年12月25日(水)発売
ヒューマンピラミッド
『Power Pose』

CD RIC064 2,200円 + 税
fleursy.com/riccolabel/discography/ric064_japanese.html
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
[インタビュー] 神保 彰 NYとLAで録音、“月”と“太陽”をイメージした2枚のアルバムを元旦にリリース[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー!
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015