ニュース

LAジャズの最重要人物カマシ・ワシントンが初のリーダー公演で来日決定!

カマシ・ワシントン   2015/07/10 14:55掲載
はてなブックマークに追加
LAジャズの最重要人物カマシ・ワシントンが初のリーダー公演で来日決定!
 フライング・ロータス制作総指揮のもと3枚組170分超えの超大作『ジ・エピック』(BRFD-50 2,214円 + 税)をリリースし、怒涛のサックス・ブロウとスピリチュアルなサウンドで音楽シーンに衝撃を与え、世界中で驚異的なセールスを記録しているカマシ・ワシントン(Kamasi Washington)が、自身のユニットを率いて来日することが決定しました。待望の公演スケジュールは10月31日(金)〜11月1日(日)東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOにて。

 13歳からサックスを始め、ハービー・ハンコックウェイン・ショーターケニー・バレルジェラルド・ウィルソンら錚々たるジャズ・ジャイアンツ達に加え、チャカ・カーンローリン・ヒルスヌープ・ドッグのバック・バンドを務め、フライング・ロータス諸作、そしてロバート・グラスパーサンダーキャットとともにケンドリック・ラマー『トゥ・ピンプ・ア・バタフライ』への参加が話題を集め、ニュー・アルバムでは総勢60名ものミュージシャンとともに、一大叙事詩というべき壮大な世界を展開したカマシ。

 今回の来日メンバーには、クァンティックの新プロジェクトにも名を連ねるエレクトリック・ピアノ奏者のブランドン・コールマンや、サンダーキャットことスティーブン・ブルーナーの実兄であり、グラミー賞も受賞している凄腕ドラマー、ロナルド・ブルーナーJr.といったバンド・メンバーだけでも見る価値ありの実力派ばかり。類まれなスケール感を持つ気鋭が、満を持して日本で繰り広げるステージは必見です。

■カマシ・ワシントン来日公演
www.bluenote.co.jp/jp/artists/kamasi-washington
2015年10月30日(金)〜11月1日(日)
東京・南青山 BLU ENOTE TOKYO

[メンバー]
カマシ・ワシントン(sax)
パトリス・クイン(vo)
ライアン・ポーター(tb)
ブランドン・コールマン(key)
マイルス・モズレー(b)
トニー・オースティン(ds)
ロナルド・ブルーナーJr.(ds)
 
[チャージ]
7,800円(税込 / 飲食代別途)

[予約開始]
Jam Session会員: 2015年8月3日(月)〜
一般: 2015年8月10日(月)〜
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 連続テレビ小説「カムカムエヴリバディ」のサントラを音楽担当の金子隆博が語る[インタビュー] こだわりがつまった完全セルフプロデュースEP、山村 響
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015