ニュース

岸田繁、ルナサの京都公演にサプライズ出演 「ブレーメン」などを共演

岸田繁   2023/11/30 12:40掲載
はてなブックマークに追加
岸田繁、ルナサの京都公演にサプライズ出演 「ブレーメン」などを共演
 10月にニュー・アルバム『感覚は道標』を発表したくるり岸田繁が、11月29日に京都・磔磔で開催されたアイルランドのバンド、ルナサ(Lúnasa)の公演にサプライズ出演。くるりの「ブレーメン」とルナサの「Cregg's Pipes」を共演したほか、アンコールの「The Minor Bee」(ルナサ)の演奏にも加わりました。

 公演後、音楽評論家・五十嵐正のインタビューに応じた岸田は、ルナサについて「以前からチーフタンズとかを聴いていたんですけど、ルナサはそれよりも若い世代のバンドで、めっちゃうまい。それで、スウェーデンのヴェーセンとルナサが大好きになったんです」と語り、ルナサが選曲したという「ブレーメン」の共演については「僕のソングライティングやプレイは、アメリカのカントリー&ウエスタンではなくて、アイリッシュのジグ、ああいう3拍子系のリズムにかなり影響を受けているので、じつは自分には座りがよかった。そしてくるりのレパートリーのなかには、彼らの演奏に乗せるとけっこういいと思える曲があって、そのなかからいくつか聴いてもらい、あの曲(ブレーメン)を選んでもらったわけです。いちばん好きな曲なので嬉しかったですね」とコメントしました。また、ステージで並んでギターを弾いたエド・ボイドを絶賛。「エドは、前から“ルナサのギターはかっこいいな”と思っていたけど、そのスタンスもいい。こういう音楽だから大変なことも多いでしょうけど、全体を俯瞰していて、すごくいいところで違うリズムを加えたりして、彼がまとめている。大ファンになりました。一緒にやれてほんとに楽しかった」。

 エド・ボイドは「ブレーメン」での岸田との共演について、「前もっていただいた4曲から2曲を選び聞かせてもらったけど、僕らにはプレッシャーがあった。ライヴ・アルバムのための多くの新曲に取り組んでいたから、十分な時間があるか心配だったんだ。僕らは中途半端の出来の2曲よりも、1曲良い演奏をしたかった。そんなわけで〈ブレーメン〉だけをやることにした。メロディがパイプス、ホイッスル、フィドルにぴったりだと思った。そして、ベースのトレヴァーと僕はコードが興味深いと思ったんだ。日本語の歌詞は理解できなかったけど、サウンドを聴けば、あらゆるところにとても配慮の行き届いた曲だとわかる。とてもうまく作られた曲だし、プロダクションやアレンジも見事で、僕らは下手な仕事をしたくなかったね」。さらに「ブレーメン」の編曲を問われると「(インストの)チューンを演奏するときは、メロディを僕とトレヴァーが補完するわけだけど、歌の場合は僕とトレヴァーが曲を進行させて、メロディ陣はどこで演奏するかの場所を探す。音があるべきだけどない場所を見つけるんだ。そしてみんなでどのように歌に仕えるかを話し合う。うまくいったと思うよ、岸田さんと僕らの相性も良かった。この共演はヨーコ(THE MUSIC PLANTの野崎洋子)のアイディアだったから、僕らの功績じゃないけど」とコメントしました。

 11月27日から29日まで京都・磔磔で行なわれたルナサの公演はライヴ・アルバムとしてまとめられ、事前に行なわれたクラウドファンディングの支援者に送られるほか、2024年2月から開催されるアメリカ・ツアーで販売される予定です。

 また、ルナサは4年ぶりに開催される〈ケルティック・クリスマス〉にダーヴィッシュ、デイヴィッド・ギーニーとともに出演中。今後の公演は、12月1日(金)兵庫・兵庫県立芸術文化センター、12月2日(土)東京・すみだトリフォニーホール、12月3日(日)埼玉・所沢市民文化センター ミューズです。

拡大表示

Photo by Yuki Kuroyanagi

ルナサ 日本公式サイト
www.mplant.com/lunasa

〈ケルティック・クリスマス 2023〉
plankton.co.jp/xmas23
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 文坂なの [インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル
[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ![インタビュー] you-show まずは目指せ、新宿制覇! 新宿発の楽曲派アイドル・グループがデビュー!
[インタビュー] 想像を超えた創造。タフでラフでラブな一枚 崇勲×ichiyonのジョイント・アルバム[インタビュー] 千住 明、オペラ・アリアをヴァイオリンで 千住真理子とともに20年以上前の編曲スコアを再録音
[インタビュー] 思い出とともに甦る名曲の数々 藤あや子のカヴァー・アルバム[インタビュー] 紫 充実の新作を発表、海外フェスへの出演決定と結成55周年に向け勢いを増すバンドの現在と未来
[インタビュー] RISA KUMON バイリンガル・シンガー・ソングライター  ユニバーサルなアルバムでデビュー[インタビュー] HAIIRO DE ROSSI ジャズ・ラップの金字塔 10枚目にして最高傑作
[インタビュー] 朝香智子  人気ピアノYouTuber  全曲オリジナル楽曲による新作[インタビュー] セルゲイ・ナカリャコフ 世界有数のトランペット奏者が新作アルバムで挑んだヴィトマン作曲の超難曲
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015