ニュース

寺脇康文主演ドラマ『警視庁臨海署 安積班』オリジナル・サウンドトラック発売

今野敏   2021/01/26 12:44掲載
はてなブックマークに追加
 2月8日(月)20:00よりテレビ東京系で放送がスタートする寺脇康文主演ドラマ『今野敏サスペンス 警視庁臨海署 安積班』のオリジナル・サウンドトラックが2月1日(月)に発売されます。

 “ハンチョウ”シリーズがテレビ東京2時間ドラマで復活。原作者で「78label」オーナーである今野敏は思入れのあるこの作品のサントラを自らのレーベルで発売したいと強く熱望し実現しました。前の連続ドラマシリーズ同様、音楽は敏腕作曲家の遠藤浩二が担当。安積班ファン必聴の作品です。

[コメント]
私のデビュー作は、ジャズをモチーフにした短編小説でした。小説家をやりながら、二足のわらじで東芝EMI(現EMIミュージック)に就職して、ディレクターやプロモーターの仕事をしました。当時の体験は、今でも私の中に色濃く残っています。
数年前でしょうか、「またスタジオに入りたい……」そんな気持ちが沸々と自分の中に湧いてきました。
そして幸いにも昔タッグを組んだエンジニアとも再会し夢は実現しました。
作品を作ると、次は公表する場が欲しくなりました。
今は昔程レーベルを作る事が大変ではないと聞き、勢いで発足させたのが78LABELです。安積班は私の大事な作品です。
ドラマ化にあたりこの小さなレーベルからサントラをリリースできることを本当に嬉しく思っています。

――今野敏

『今野敏サスペンス 警視庁臨海署 安積班』公式サイト
www.tv-tokyo.co.jp/premiere8_drama
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声
[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤
[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター
[インタビュー] アンドレア・ボチェッリ、ロックダウン中の心境を反映した、安らぎの新作『Believe〜愛だけを信じて』[特集] 半美子、今こそ“心のふるさと”に帰ろう、半美子初のカヴァー・アルバム
[インタビュー] 小西真奈美、豪華プロデューサー陣を迎えて描く等身大のポップ・アルバム[特集] 吉澤嘉代子、デビューから5年の集大成『新・魔女図鑑』
[インタビュー] ダーティ・ループス、華々しいデビューから6年、スウェーデンの3人組がひさびさの新曲を収録するEPを発表[インタビュー] 大貫妙子、名門レコーディング・スタジオを描いた映画『音響ハウス Melody-Go-Round』を語る
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015