ニュース

ギャバン串田アキラ、ゴーカイジャー松原剛志と映画主題歌で夢のコラボ!

串田アキラ   2011/12/09 19:06掲載
はてなブックマークに追加
ギャバン串田アキラ、ゴーカイジャー松原剛志と映画主題歌で夢のコラボ!
 2012年1月21日より東映系で公開予定の映画『海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン』の主題歌レコーディングが都内某所で行なわれました。

 この主題歌「JUMP」は、それぞれの作品の主題歌を担当した松原剛志串田アキラの二人によるコラボレーションということで、ゴーカイかつ勇気あふれるヒーロー・ソングになること必至! さらに今回は、レコーディング終了後の串田さんにお話を伺いました!

──「JUMP」の聴きどころを教えてください。
「僕はギャバン側の歌詞なんだけど“出会いやそのきっかけを大切に、勇気を出して最初の一歩を”というメッセージが入っていて、それを感じてもらえたら嬉しいよね。そう、やっぱり“よろしく勇気!”かな!」

──「ギャバン」の歌で一番好きな曲を教えてください。
「どれも好きだけど、<チェイス!ギャバン>のブラスの響きとか、哀愁がありつつ勇気が出るような歌詞がかっこよくて好きだね」

──「ギャバン」制作当時のエピソードなど。
「ギャバンのスーツは、初めて見た瞬間に“メタリックでかっこいい!”と思った。『サンバルカン』のときは“かっこよく歌ってください”と言われて意味がわからず 悩んだけど、『ギャバン』ではすんなりOK。大葉健二さんと叶和貴子さんが録音スタジオに応援にきてくれて、普通なら舞い上がっちゃうだろうけど、俺はよけいに気合いがはいった」

──「ギャバン」30周年にあたって一言。
「実は20周年のころから来るかな? 来るかな?って期待してたんだけど(笑)、これをきっかけにTV版『ギャバン』も素晴らしい作品だから、ぜひもう一度観てもらいたいと思います」

 終始笑顔で熱心に語ってくれた串田さん。撮りたての音を聴かせてもらえたのですが、串田さんはもちろん「ゴーカイジャー」の松原さんもすごい迫力で歌っていて、2大ヒーローの主題歌シンガーがそろって熱いハモリを聴かせる箇所など、鳥肌もののかっこよさ!

 映画公開とCD発売が待たれますが、新年には一大イベント<仮面ライダー生誕40周年×スーパー戦隊シリーズ35作品記念 40×35 感謝祭 Anniversary LIVE&SHOW>への出演も決まっている串田さん。これからもヒーローへの憧れを抱く子供たち&大人たちに勇気をお願いします!


[映画主題歌タイトル「JUMP」]
作詩:岩里祐穂
作曲:持田裕輔
編曲:Project.R(籠島裕昌)
歌:松原剛志&串田アキラ



映画「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン」オリジナルサウンドトラック

※2012年1月25日発売
『映画「海賊戦隊ゴーカイジャーVS宇宙刑事ギャバン」オリジナルサウンドトラック』
(COCX-37198 税込3,150円)
[ゴーカイジャー×ギャバン特製ミニポスター封入]
渡辺宙明、山下康介書き下ろしの新録BGMや、松原剛・串田アキラによる主題歌など、この映画ならではのコラボレーションをお楽しみに!
(C)石森プロ・テレビ朝日・東映AG・東映

《串田アキラ出演》
仮面ライダー生誕40周年×スーパー戦隊シリーズ35作品記念
40×35 感謝祭 Anniversary LIVE&SHOW
www.toei.co.jp/event/show/1197317_954.html

《串田アキラ関連作品》
「宇宙刑事ギャバン」完全復刻ベストヒット曲集&オリジナル・サウンドトラック/渡辺宙明
テレビオリジナルBGMコレクション〜宇宙刑事ギャバン
「仮面ライダーオーズ/OOO」
「トリコ」キャラクターソングス
「トリコ」オープニング・テーマ〜ガツガツ!!
爆発するソウル
「海賊戦隊ゴーカイジャー」オリジナルアルバム お宝サウンドボックス(4)&(5)ファイナルクルーズ
【DVD】スーパー戦隊主題歌DVD 忍風戦隊ハリケンジャー〜海賊戦隊ゴーカイジャー
【Blu-ray】海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船 コレクターズパック
【DVD】海賊戦隊ゴーカイジャー THE MOVIE 空飛ぶ幽霊船 コレクターズパック
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 楽しいことが一個でもあったら生きていける フィメール・ラッパーのpinokoがChilly Sourceからデビュー[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』
[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』
[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”
[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』
[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』
[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015