ニュース

桑田佳祐、「月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)」が映画『護られなかった者たちへ』主題歌に決定

桑田佳祐   2021/07/06 13:40掲載
はてなブックマークに追加
桑田佳祐、「月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)」が映画『護られなかった者たちへ』主題歌に決定
 桑田佳祐の感動の名曲「月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)」が、10月1日(金)に公開される映画『護られなかった者たちへ』の主題歌に決定しています。

 〈このミステリーがすごい!〉受賞作家・中山七里の傑作小説を映画化した『護られなかった者たちへ』は、東日本大震災から10年目の宮城・仙台で起きた不可解な連続殺人事件を軸に、その裏に隠された切なくも衝撃の真実を描く、感動のヒューマン・ミステリー。殺人事件の容疑者として追われる主人公・利根役に佐藤健、彼を追う刑事・笘篠役を阿部寛が演じるほか、清原果耶倍賞美津子吉岡秀隆林遣都、永山瑛太、緒形直人など日本映画界最高峰の豪華演技派キャストが集結。監督は瀬々敬久(『64-ロクヨン-前編 / 後編』)、脚本は林民夫(『永遠の0』)と瀬々敬久が担当しています。

 楽曲「月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)」は、2011年に発売された桑田の4枚目のオリジナル・アルバム『MUSICMAN』に収録されている楽曲で、2011年9月、東日本大震災の被災地にエールを送るために敢行された〈桑田佳祐『宮城ライヴ〜明日へのマーチ!!〜』〉のアンコールでも披露。同公演の会場となった宮城・セキスイハイムスーパーアリーナは、震災当時、被災地最大の遺体安置所として使用されており、一般利用再開後初のライヴでもあった本公演で歌われた「月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)」は、東北の方々の様々な想いとリンクし、多くの人の心に寄り添い胸を打ちました。

 当時、その鮮烈なライヴ体験をしていた制作陣は「震災から10年目の宮城を舞台にした本作で、是非桑田さんに主題歌で参加いただきたい」と、本作の開発スタート時から熱望しており、その想いが結果、実現。「現在(いま)がどんなにやるせなくても 明日(あす)は今日より素晴らしい」という歌詞は、それぞれに想いを抱えながら生きる登場人物たちの心情、そして映画を観た人の心にもそっと寄り添い、感動の余韻をより一層深いものにしています。

 そして、この主題歌「月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)」を使用した『護られなかった者たちへ』の最新予告映像が7月6日より公開。本予告映像は、容疑者である利根(佐藤)が泥水に顔を押し付けられながら「ふざけるな!」と叫ぶ衝撃のカットから始まり、利根を刑事・笘篠(阿部)が雨の中全力で追いかけるシーンなど鬼気迫るシーンが続きます。さらに後半、「本当は心の優しい…私の知っている利根泰久はそういう人間です」「死んでいい人なんていないんだ」といった意味深な台詞、利根の幸せそうな表情も垣間見え、彼の秘められた過去に興味を掻き立てられるほか、主題歌のメロディが登場人物たちの心情にそっと寄り添うように流れ、心揺さぶる感動のドラマ展開を予感させる映像に仕上がっています。

[コメント]
震災のあった3月11日の夜、被災地のあちこちで星空がものすごく綺麗だったという証言が多くあった。『月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)』を聴いて、まず頭に浮かんだのがそんな光景です。桑田さんのこの曲は追悼の歌のようでありながら、生きることの大切さをさりげなく差し出している。震災の直前に出された楽曲でありながら、震災以降の自分たちの心情にピタリと当てはまる気がする。「時代(とき)時は移ろう この日本(くに)も変わったよ」だけど、――「(現在(いま)がどんなにやるせなくても 明日(あす)は今日より素晴らしい」。震災からコロナ禍、まさに今を生きる多くの人々を支えてくれるこの楽曲が、映画に大きな想いを授けてくれたと思っています。
――瀬々敬久監督

この度、桑田佳祐さんの「月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)」を主題歌とさせていただくことが出来ました。
東日本大震災から半年後の2011年9月10,11日に宮城県はセキスイハイムスーパーアリーナ(グランディ・21)で開催された、「桑田佳祐 『宮城ライヴ 〜明日へのマーチ!!〜』」。
遺体安置所となっていた場所の再開であり、また桑田さん自身の病気からの復活の場でもあったあのライヴのアンコールで、「故郷」(ハーモニカ演奏)からの「月光の聖者達(ミスター・ムーンライト)」という象徴的なブロックは、深く深く心に染みわたるもので、その後も忘れえぬ体験となりました。
あれから10年という時が経ようとしている中で、宮城を舞台にしたこの映画の開発をスタートした時から、映画化が成就した暁には、桑田さんに主題歌での参加をぜひお願いしたいと考えていました。2011年2月にリリースされたアルバム「MUSICMAN」に収録されているこの楽曲は、この10年という月日の中でたくさんの人に聴き継がれ、たくさんの想いが寄せられ、この先もずっと愛されていく楽曲であると思います。映画の物語にはもちろんのこと、観ていただく観客の皆様にも、そっと寄り添ってくれる存在です。
ままならないことが多い世の中で、それでも前を向いて歩いて行こうとする私達にとって、最高のエールとなるこの楽曲を映画の中でも堪能いただければ幸いです。

――筒井竜平プロデューサー

拡大表示



©2021映画『護られなかった者たちへ』製作委員会

『護られなかった者たちへ』
2021年10月1日(金)より全国公開
movies.shochiku.co.jp/mamorare
配給: 松竹
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015