ニュース

前橋汀子、2度目の『J.S.バッハ: 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ』をリリース

前橋汀子   2019/08/22 12:19掲載
はてなブックマークに追加
 2017年に演奏活動55周年を迎えた国際的ヴァイオリニストの前橋汀子が、自身にとって同楽曲の2度目となる録音に挑んだ『J.S.バッハ: 無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ(全曲)』(SACD Hybrid SICX-10006 4,500円 + 税)を8月21日(水)にリリース。

 1989年にリリースした前回の録音は、その年の〈レコード・アカデミー賞〉を受賞するなど絶賛されました。それから30年を経てリリースされる本作は、前橋が近年意欲的に取り組んでいるJ.S.バッハの『無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ』の全曲演奏会の成果として発表されるアルバムです。

 長期間にわたるセッション録音を要した本作は、技術と経験に裏打ちされた濃密な2時間強を収録。ディスクはSACDハイブリッドでリリースされ、DSD含むハイレゾ配信も行なわれます。ジャケット・ヴィジュアルは、長年前橋を撮り続けている巨匠の篠山紀信が手がけています。

KAJIMOTO | アーティスト | 前橋 汀子
www.kajimotomusic.com/jp/artists/k=200
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
[インタビュー] ジャンル、世代、国境を越えるOSAMU SATOの最新作[インタビュー] GADORO、SUNART MUSICにカムバックにしての4作目。ファーストのヒップホップ感とちょっと進化した自分
[インタビュー] 寺井尚子、“ジャズ・ヴァイオリンの女王”による多彩なナンバーで、新たな世界が花開く[インタビュー] 宮本笑里、初の自作オリジナル楽曲中心のミニ・アルバム『Life』を発表
[インタビュー] 石川さゆり “日本”を綴る三部作最終章[インタビュー] Blan( 成田忍と横川理彦からなるダークウェイヴ・ユニットが待望の1stアルバムを発表
[インタビュー] ロンドン、LA、NY、サンパウロ、世界各地で現地のミュージシャンと制作したニュー・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズ レーベルの設立・結婚を経て発表する、代表作のパート2は新たな旅の始まり
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015