ニュース

ノイ!のトリビュート盤!ソニック・ユース、オアシス、コーネリアス、クラウス・ディンガーほか

ノイ!(NEU!)   2009/03/31 15:17掲載
はてなブックマークに追加
 ジャーマン・ロックの伝説的バンド、ノイ!(Neu!)の功績を讃えるトリビュート・アルバムが発売に。ソニック・ユース(Ciccone Youth名義)、プライマル・スクリームオアシスコーネリアスらの参加に加え、ノイ!のメンバーであった故クラウス・ディンガーラ・デュッセルドルフ(La Duesseldorf)名義で残した最後の録音音源も収録されるという注目作です。

 本作は米Feraltoneレーベルによる企画で、アルバム・タイトルは『ブラン・ノイ!(Brand Neu!)』。先述のアーティストに加え、カサビアンLCD Soundsystemフォールズスクール・オブ・セブン・ベルズ(元シークレット・マシーンズのベンジャミン・カーティスによるバンド)らも参加しており、またクラウスの相棒、ノイ!のミヒャエル・ローターの音源も収められます。

 アルバムは、その多くがレアおよび未発表という貴重音源で構成された全14曲入り。発売は米国盤が5月11日に、日本盤(PCD-17283 税込2,520円)が5月20日にそれぞれ予定されています。

 なお、本作について、ボビー・ギレスピー(プライマル・スクリーム)は「このアルバムが、より多くの人がノイ!の音楽に関心を持つきっかけとなることを願ってる」小山田圭吾(コーネリアス)は「Always NEU!」というコメントを寄せています。
続報
ノイ!のトリビュート盤、発売日変更
日本盤の発売日が6月3日に変更されました。
[ 2009/04/28掲載 ]


『ブラン・ノイ!(Brand Neu!)』

01 Ciccone Youth (Sonic Youth): Two Cool Rock Chicks Listening to Neu!
02 Primal Scream: Shoot Speed / Kill Light
03 Pets with Pets: We Only Found This Place
04 Oasis: I Can See It Now
05 Foals: Titan Arum
06 Cornelius: Wataridori
07 Holy Fuck: Super Inuit
08 LCD Soundsystem: Watch the Tapes
09 Kasabian: Stuntman
10 School of Seven Bells: Device fuer M
11 Fujiya & Miyagi: Electro Karaoke
12 Hook & the Twin: They'll Get Your Head
13 La Duesseldorf: Sketch 1_08
14 Michael Rother: Neutronics 98
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”
[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演
[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場
[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015