ニュース

東京・恵比寿 LIQUIDROOMにてライヴ・イベント〈Paradoxic〉開催

オブリヴィオン・ダスト   2011/10/04 15:11掲載
はてなブックマークに追加
東京・恵比寿 LIQUIDROOMにてライヴ・イベント〈Paradoxic〉開催
 9月28日(水)、29日(日)の2日間に渡り、東京・恵比寿 LIQUIDROOMにてライヴ・イベント<Paradoxic>が開催。両日共に登場のOBLIVION DUSTをはじめ、豪華個性派出演陣が出演。

 初日28日。会場に詰め掛けた多くの女性オーディエンスがイベント開始を今か今かと待つ中、Pay money To my Painからライヴはスタート。アグレッシブなパフォーマンスで十分以上に会場を暖めます。 続いての登場は6月にアルバム『I BELIEVE IN ME』でメジャー・デビューを果たしたlynch.。11月に早くも新作『MIRRORS』のリリースを控えるだけあって、勢いに乗ったステージング! 3番手はheidi.。こちらもイベント前週の9月21日に『シックスセンス』をリリースしたばかりとあって、作品に見合ったパフォーマンスで会場を沸かせました。

 翌29日は、1stフル・アルバム『Rockin' the World』が好評、東京・日比谷野外大音楽堂でのワンマン・ライヴを控えているSPYAIR、6月に1stミニ・アルバム『夢の修理屋』をリリースしたばかりのLAID BACK OCEANが登場。会場を熱気で包みます。 そして両日の大トリを飾るOBLIVION DUST! K.A.Z、Ken Lloyd 、RIKIJIの3人に、サポート・メンバーとしてPay money To my PainのPABLO(G)、特撮 / VAMPSのArlyことArimatsu(Dr)を加えた5人編成で登場。さすがのステージングでオーディエンスを魅了しました。11月11日からスタートするツアー〈Roller Coaster Tour 2011〉への期待が高まるパフォーマンスとなりました。


OBLIVION DUST
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015