ニュース

ワン・ダイレクションが『an・an』の表紙に登場! 来日公演の詳細も発表

ワン・ダイレクション   2013/02/15 15:34掲載
はてなブックマークに追加
ワン・ダイレクションが『an・an』の表紙に登場! 来日公演の詳細も発表
 世界中で一大センセーションを巻き起こし、ここ日本でもオリコンデイリーアルバムランキングで総合1位を計3回獲得(1月19日付、1月26日付、1月28日付)、週間アルバムランキングでは総合で最高2位(2月11日付)、洋楽では4週連続1位(1月21日〜2月11日)となるなど、大ヒットを続けるワン・ダイレクション(One Direction、以下1D)、11月2日(土)、3日(日)に幕張メッセで行なう初来日公演のチケット情報が遂に発表に。チケットはグッズ付きのプレミアム・シート、S席、A席の3種が用意され、2月18日(月)から先行予約が開始。一般発売は4月20日(土)より、とのこと。今回は東京のみの2公演ということで即完必至、かなりの争奪戦が予想されます……!

 さらに、そんな1Dは、2月20日(水)発売の雑誌『an・an』(マガジンハウス)の表紙に登場! 欧米のグループが表紙を飾るのは、同誌が1970年に創刊されて以来初、表紙を欧米のスターが飾ること自体、2003年のデヴィッド・ベッカム選手以来およそ10年ぶり!

 撮影は1月に初来日した際に六本木のスタジオで行なわれ、スタジオに登場するなり編集部スタッフひとりひとりと挨拶を交わすなど、和やかな雰囲気でスタート。撮影の合間には、メンバー同士でスタジオに用意されていたギターやスケートボードで遊ぶなど、終始リラックスした様子で進み、インタビューでは覚えたての日本語を交えて、日本の印象や滞在中の思い出なども語るなど、ハード・スケジュールの疲れも一切見せず、パワー全開で行なわれたそう!

 誌面では、5人での撮り下ろしグラビアやインタビューはもちろん、1人ずつのグラビアやインタビュー、素顔を垣間見れるオフショットなどを含む、全12ページに渡る特集を展開。さらにはこれを記念し、2月15日(金)から28日(木)までの14日間、東京のファッションビル「渋谷マルイJAM」の壁面には“1D×『anan』”の巨大看板も登場、20日(水)の発売日から1週間は『anan』のグラビア・イメージでラッピングされた大型トラックが都内を走行予定です!


ワン・ダイレクション


ワン・ダイレクション来日公演
〈TAKE ME HOME TOUR 2013〉


●11月2日(土)千葉 幕張メッセ
開場 15:00 / 開演 17:00


●11月3日(日)千葉 幕張メッセ
開場 14:00 / 開演 16:00

《チケット / 全席指定》
プレミアム・シート(グッズ付き) 15,000円(税込)
S席 9,000円(税込)
A席 8,000円(税込)

《チケット先行予約》
●クリエイティブマン3A会員 / ONE DIRECTIONファンクラブ会員
2月18日(月)12:00〜25日(月)18:00

●事務局プレオーダー
3月11日(月)12:00〜4月1日(水)18:00

●プレイガイド先行
4月1日(月)〜

《チケット一般発売日》
4月20日(土)10:00〜
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015