ニュース

東京都交響楽団、音楽監督を務める大野和士の任期を2023年3月まで延長

大野和士   2018/11/16 13:20掲載
はてなブックマークに追加
東京都交響楽団、音楽監督を務める大野和士の任期を2023年3月まで延長
 東京都交響楽団(都響)が、2015年4月より同団の音楽監督を務める指揮者、大野和士の任期を2023年3月まで延長することを発表しています。

 大野は、自身のプロ・デビューとなった1984年3月の都響との初共演以来、都響指揮者(1990〜92年)を経て、2015年4月から5年間の契約で音楽監督に就任。都響の重要なレパートリーのひとつであるマーラーを軸に、古典派から現代まで多彩な演目で評価されているほか、創立50周年を迎えた2015年に行なわれたヨーロッパ・ツアーを成功に導きました。さらに、都内の小中学校や高校を訪問して開く特別授業“マエストロ・ビジット”などのアウトリーチ活動や、東日本大震災で甚大な被害を受けた福島県での小中学生のための演奏会、そして〈障害者のためのふれあいコンサート〉などにも力を注いでいます。

 大野の任期延長により、都響は、〈東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会〉に向けた文化的アクションの拡充と、楽団の芸術性のさらなる向上と飛躍を図ります。任期延長に関して、大野は「都響の音楽監督として、2023年まで3年間の任期延長となり、改めて責任の大きさを感じております。今後も皆様方に、都響と私の固い結びつきに基づいて、よりいっそう多彩なプログラムをお届けするとともに、オーケストラが世界的にその名をより広めるための努力を重ねて参りたいと思っております。引き続き、都響との演奏にご期待ください」とメッセージを寄せています。


©Herbie Yamaguchi

東京都交響楽団
www.tmso.or.jp

指揮者 大野和士 公式ホームページ
kazushiono.com/index_jp.php
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015