ニュース

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、老若男女が熱狂した東京ドーム公演のレポートを公開

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ   2024/05/28 12:52掲載
はてなブックマークに追加
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、老若男女が熱狂した東京ドーム公演のレポートを公開
 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(RED HOT CHILI PEPPERS)の〈The Unlimited Love Tour〉が東京ドーム公演にて5月18日、20日に開催。

 彼らは昨年2月にも来日しており、1年ちょっとのスパンで再び単独公演が決まりました。今回は東京公演のみ、「ベストヒット満載のスペシャルライヴ」と銘打たれ、18日はソールド、20日もドーム天井まで隙間なく観客で埋め尽くされています。改めて、レッチリの絶大なる人気の高さを思い知りました。ここでは、20日公演の模様をレポートします。

[ライヴ・レポート]
 開演19時ほぼジャストに暗転するや、堰を切ったように歓声はどよめき、ジョン・フルシアンテ(G)、フリー(B)、チャド・スミス(Dr)の3人による恒例のジャムでスタート。お互いの息遣いを探りつつ、徐々に呼吸を合わせ、演奏は加速度をグングンと上げていく。単なる準備体操ではない、これも一つのショウだと認識させる緊張感が迸る。そんな圧巻の助走を経て、1曲目は「Around the World」で始まった。アンソニー・キーディス(Vo)がステージ中央に駆け寄って歌い上げた瞬間、女性の黄色い声を含めて歓声はひときわ大きくなり、穏やかな声色にバチバチのアンサンブルが重なると、耳馴染みの深い楽曲に会場はお祭り騒ぎと化した。

 「Dani California」に入ると、ポップな歌メロに誘発されて観客は手を上げてシンガロングする。もはや“みんなのうた”状態である。「アイ・ラブ・ユー、ジャパン!」とフリーが挨拶代わりに叫ぶと、次は「The Zephyr Song」を披露。アンソニーの歌声とジョンのコーラスは相性バッチリで、メロウネスを一段と深めていく。もちろんジョンの枯れたギターは泣きまくり、楽曲の情感を高めていった。

 「Here Ever After」ではアンソニーはマイクを両手でしっかり握り締めたまま、ラップとメロディを巧みに切り替え、川の流れのように淀みなく聴かせる。それから映画『デノート』主題歌「Snow(Hey Oh)」へ。イントロから熱い歓声が沸き、「ウォー!ウォー!」の大合唱へと観客を導く。派手さはないが、それを補って余りある滋味豊かな王道ロックに酔いしれてしまう。甘美な歌メロに心を奪われながら、後半は楽器陣3人の鉄壁のアンサンブルで観客を昇天させた。

 「Eddie」ではジョンの桃源郷的なギター・サウンドがドームを包み、それをフリーとチャドのリズム隊が強固に支える。この曲におけるインスト・パートは人間味溢れるグルーヴに溢れ、生々しい衝動を吐き出していた。心の中で「素晴らしい!」と連呼する自分がいた。中盤に「Hard to Concentrate」、「I Like Dirt」と挟み、「Parallel Universe」に移ると、フリーの饒舌なベース・フレーズにも聴き惚れるばかりだ。

 「Reach Out」を経て、アンソニーが上半身裸になると、「Suck My Kiss」を解き放つ。弾力性に富むファンクネスに観客も熱狂し、頭をカラッポにして身を委ねたくなるかっこ良さ。ショウも後半に差し掛かると、鍵盤奏者入りで「Californication」が披露され、ジョンのコーラスはここでも冴え渡る。本編は残すところ2曲となり、「Back Summer」からの「By the Way」でドームを狂喜の宴に様変わりさせた。

 メンバー4人がステージから捌けると、スクリーンは会場に集まった観客を映し出す。「(アンソニーと)SAME TATOO」と書かれた紙と共に右腕を突き出す男性、「FROM AUSTRALIA」のフラッグを掲げた外国人客、また、「レッチリさいこー」と日本語のプラカードを上げる人もいて、愛情表現も人それぞれ。しかし、「老若男女」という言葉がピッタリ当てはまるほど年齢層は幅広く、誰もが一様に熱狂的なのだ。そのムードこそが、レッチリ=メインストリームのロック・バンドであることを物語っていた。

 そして、アンコール一発目はジョンがアルペジオを爪弾き、バン初のヒット曲となった「Under the Bridge」へ。すると、ドームはケータイの光に包まれ、静謐なバラードに大勢の人が心酔。トドメは「Give It Away」で再びお祭り騒ぎとなり、1時間40分に及ぶショウは幕を閉じた。ファンク色の強いミクスチャーから静かなバラード、さらにど真ん中の王道ロックまで、ファンが聴きたい曲を惜しげもなくやり尽くしたレッチリ。初日の18日公演と比べて、10曲(!)もセットリストを替えたが、「ベストヒット満載」の看板にウソ偽りない濃厚な選曲だった。何より観客はアッパーだろうと、メロウな曲だろうと、微塵もテンションは落ちることなく、曲が始まるたびに凄まじいリアクションが起きていた。ジョン以外のメンバー3人は還暦を超えた年齢にもかかわらず、パフォーマンス面においてはロック・スター然とした輝きをずっと放ち続けていたことも驚嘆に値する。キッズから年配の方まで全世代を歓喜に導くレッチリは、今がバンド史上最強ではないかと思いたくなる。いくら絶賛しても足りないほど素晴らしいショウであった。


拡大表示


拡大表示


拡大表示


拡大表示

Text bay 荒金良介

2024年の来日公演のセットリストのプレイリスト
open.spotify.com/playlist/37i9dQZF1DWZ0Q1FugME1J
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] AATA  過去と現在の自分を全肯定してあげたい 10年間の集大成となる自信の一枚が完成[インタビュー] ソウル&ファンク・ユニットMen Spyder 初のEPを発表
[インタビュー] KMC 全曲O.N.Oによるビート THA BLUE HERBプロデュースの新作[インタビュー] 魚返明未 日本の新世代ジャズを牽引するピアニストが、新たなトリオでアルバムを発表
[インタビュー] みやけん 人気ピアノYouTuber 『俺のヒットパレード!』第4弾リリース![インタビュー] Billyrrom 注目の新世代バンドに聞く新章突入と〈HEADZ 〜NEW HOT WAVE〜〉出演への思い
[インタビュー] 町あかりの歌謡曲・春夏秋冬 春のテーマは「ディスコ」![インタビュー] Arvin homa aya  実力派シンガーの話題曲 アナログで連続リリース
[インタビュー] ジェイコブ・コーラー × kiki ピアノ 凄腕師弟コンビ[インタビュー] 文坂なの \
[インタビュー] 人気ジャズ・ピアニストが立ち上げた新レーベル 第1弾は田中裕梨とのコラボ・シングル[特集] いよいよ完結!? 戦慄怪奇ワールド コワすぎ!
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015