ニュース

Sexy Zone、初の配信ライヴに松島 聡が登場 約2年6ヵ月ぶりに5人のステージに 松島「ただいまです!」

Sexy Zone   2020/10/30 14:12掲載
はてなブックマークに追加
Sexy Zone、初の配信ライヴに松島 聡が登場 約2年6ヵ月ぶりに5人のステージに 松島「ただいまです!」
 Sexy Zoneが、初の配信ライヴ〈Sexy Zone POP×STEP!? TOUR 2020〉(全5公演)をスタート。当初2020年3月からスタートの予定だったコンサート・ツアー〈Sexy Zone POP×STEP!? TOUR 2020〉は、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため延期、その後延期日程を発表するも、ファンの安全を第一に考え、中止という決断を余儀なくされましたが、2020年初頭から準備を重ねてきたメンバーやファンの熱い想いを叶えるべく、初めての配信という形でライヴが実現することとなりました。

 当初、同ツアーは4人でステージに立つことが発表されていましたが、10月29日(木)の公演には8月に活動を再開した松島 聡も登場。2018年5月2日〜6日に行なわれた〈SEXY ZONE repainting Tour 2018〉の最終公演以来、約2年6ヵ月ぶりに5人でステージに立ち、オンラインでつながったファンを熱狂させました。本配信ライヴは、10月29日18:00スタートの公演を皮切りに、30日(金)14:30スタートの公演 / 18:00スタートの公演、31日(土)14:30スタートの公演 / 18:00スタートの公演の計5公演を予定。各公演スタートの30分後までチケットの購入が可能となっています。

[ライヴ・レポート]
 Sexy Zone初の配信ライヴが10月29日幕を開けた。

 アルバム「POP×STEP!?」の表題曲「極東DANCE」の世界観をイメージした、オリエンタルなムード漂うメインステージ。華やかなネオンと雑然さが織りなす迫力満点かつ摩訶不思議な空間に、開演前からライヴへの期待が膨らむ。

 和テイストのオープニング映像の後、ポップアップで登場した4人は冒頭から気合十分。「極東DANCE」では中島健人が第一声「盛り上がっていくぞー!」と叫び、キレのあるダンスとバックのジャニーズJr.も巻き込んだきらびやかな演出を展開する。

 「POP×STEP!?」の収録曲が中心の今回は、全員が二十歳を超えた今だからこその大人っぽいナンバーと、今までのSexy Zoneらしい王道のアイドル曲がバランスよく盛り込まれたセットリスト。ファンが事前に投票したリクエストから1曲を歌う日替わり曲は、ルーレットの映像が流れたのち、会場にカメラに「バイバイDuバイ〜See you again〜」と書かれたフリップが。それを持っていたのはなんと松島 聡。約2年6カ月ぶりのステージ復帰は予想外のサプライズ登場で、松島を迎えた4人は「聡ちゃんだ!」「おかえりー!」と大はしゃぎ。松島は「ただいまです!」とカメラに挨拶、「改めまして、22歳、Sexy Zoneのムードメイカーなんて言っていただいてますけども(笑)」と自己紹介。「今回のライヴに関しては4人のサポートをしていきながら皆さんにたくさんの愛を届けることができたらなと思っております」と語り、久々の“鼻の下投げキッス”も披露した。

 5人の完全体となったSexy Zoneで歌う「バイバイDuバイ〜See you again〜」がスタート。冒頭の中島と菊池のパートを松島がいきなり奪って歌い笑わせるなど、全員が終始にこやかに、お互い自然と肩を組んで歌い合あったりする最高のひとときとなった。8月リリースのシングル「RUN」も5人で力強く熱唱し、途中、5色のメンバーカラーに染まった花道を全員でダッシュ。胸に熱いものが込み上げた視聴者も多かったことだろう。

 11月4日にリリースされるニューシングル「NOT FOUND」は5人で。マイクスタンドを使った大人っぽい振り付けと、クールなラップを繰り出す菊池を囲んでワイルドに踊る4人という斬新なパフォーマンスに目を奪われる。終盤の「ダヴィンチ」では拳を振り上げながらロックに画面の向こうのファンを魅了した。円形の上下・傾斜に動く可動式センターステージでのダイナミックなダンスや、その可動式センターステージの真上から降り注ぐ水や下からの花火といった特効演出も多彩な楽曲に華を添えた。

 さすがの煽りやトーク、挨拶でも湧かせたこの日。配信ならではのトークや、佐藤は「セクラバ!セクラバ!」とカメラにマイクを向け「楽しんでいこうぜ」と笑顔を。マリウスは「見ている方のエネルギーがテレパシーで伝わってます!」、「僕たちは5人でいられることが強いことなんだなと、ここ1〜2ヵ月で強く感じています」(菊池)というメンバー愛溢れる言葉も松島にプレゼントした。


文: 川倉由起子

配信ライヴ「Sexy Zone POP×STEP!? TOUR 2020」
2020年10月29日(木)〜31日(土)
online.johnnys-net.jp/s/jno/page/SZ2020?ima=2311
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 小西真奈美、豪華プロデューサー陣を迎えて描く等身大のポップ・アルバム[特集] 吉澤嘉代子、デビューから5年の集大成『新・魔女図鑑』
[インタビュー] ダーティ・ループス、華々しいデビューから6年、スウェーデンの3人組がひさびさの新曲を収録するEPを発表[インタビュー] 大貫妙子、名門レコーディング・スタジオを描いた映画『音響ハウス Melody-Go-Round』を語る
[インタビュー] DJ KAORI、デビュー20周年を迎えた人気DJが、ディズニーの名曲をノンストップミックス[インタビュー] 何事にも全力!丘みどり、デビュー15周年ベスト・アルバムを発表
[インタビュー] “全曲シングル”なコンピレーション『SLENDERIE ideal』発売記念!藤井 隆×吉田 豪[特集] アルチザン・筒美京平の魅力 [対論]萩原健太×湯浅 学
[インタビュー] ケイコ・リー、デビュー25周年、“かけがえのない”ジャズ・クラブで録音したライヴ盤を発表[インタビュー] 村治佳織、名だたるアーティストとともに参加した『ディズニー・ゴーズ・クラシカル』を語る
[インタビュー] 荘村清志、新作は、武満徹が愛した「郷愁のショーロ」ほかを収めるバリオスとタレガの作品集[インタビュー] 竹内アンナ、注目の次世代SSW、新作を早くも発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015