ニュース

スロッビング・グリッスル、再結成!!

スロッビング・グリッスル   2003/07/29掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
スロッビング・グリッスル、再結成!!
 まるで廉価版のベストのような安い手抜きジャケットでありながら、でも撮影場所は自殺の名所という、そのセンスが如何にも彼ららしい名作『20 Jazz Funk Greats』(写真)を世に放ち、また、彼らが設立したレーベル名から“インダストリアル”という言葉が生まれた、伝説のバンド“スロッビング・グリッスル”。昨年末には、中心人物“ジェネシス・P-オリッジ”がバンド解散後に結成した“サイキックTV”のベスト盤が日本でリリースされ、また本国UKでは、CD24枚組(!)という脅威的な内容のボックス・セット『24 Hours of Throbbing Gristle』がリリースされるなど、いつの時代になっても彼らを欲する人々は絶えないのですが、な、なんと、そんな彼らが、21世紀を迎えた今、ついに再結成をすることになったそうです!

 といっても、公式HPなどによれば、どうやら、今回はライヴのみでの再結成となる模様で、来年5月14〜16日にかけて再結成ライヴを行う予定とのこと。また、すでに発表されているプログラム・リストによれば、今回のライヴは、彼らが主催するイベントみたいな感じになる模様で、彼ら以外にも、アレックス・エンパイア、RICHARD H. KIRK、マトモス、PANSONIC、メルツバウ、アンドリュー・ウェザーオール、ジム・オルークなどが出演する模様です。なお、彼らは最終日(5月16日)に登場する予定だそうですよ。その後、この活動がどうなるのかは定かではありませんが、でも、彼らが“スロッビング・グリッスル”名義で活動を再開するのは、およそ20年ぶり(!)なだけに、これだけでも、十分、大事件であるのは事実。DAFといい、フロント242といい、今年は復活年なのでしょうかね?
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム[インタビュー] マチュー・ボガート  パリからロンドンに拠点を移し、“新しい絵の具”を使って作られた英詞アルバム
[インタビュー] 人気女性ピアノYouTuberが“天空”にまつわる楽曲を弾いた煌めきの新作 朝香智子[インタビュー] デビュー35周年の豪華シングル 西方裕之
[インタビュー] 小松亮太 アストル・ピアソラ生誕100周年を記念して「バンドネオン協奏曲」のライヴ録音をリリース[インタビュー] パット・メセニー 新作はクラシック! 室内楽作曲家デビューを果たした『Road to the Sun』
[インタビュー] 次世代アーティストの発掘・育成・普及  Eggsプロジェクト[インタビュー] 「勇敢」「希望」「仲間」をテーマに選曲した清塚ならではのディズニー・アルバム
[インタビュー] 大人気ピアノYouTuberが“ノリノリ”と“癒し”の2枚のアルバムでデビュー ヒビキpiano[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 50周年を記念したアルティメット・コレクションの見どころ聴きどころ
[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 ビートルズ解散後に発表された初のソロ・アルバムを徹底解説[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015