リサーチ

レッチリの新曲PV「ダニー・カリフォルニア」について教えて!

レッド・ホット・チリ・ペッパーズ(Red Hot Chili Peppers)   2006/05/15掲載
はてなブックマークに追加
レッチリの新曲で「ダニー・カリフォルニア」のPVについて教えてください。メンバーが色んなアーティストのコスプレをしていて結構笑えるんですが、一体全部でどんなアーティストの真似をしているんでしょうか?
 フジロックでの来日公演も待ち遠しいレッド・ホット・チリ・ペッパーズ。5月にリリースされた2枚組『ステイディアム・アーケイディアム』からのリード・トラックとなった「ダニー・カリフォルニア」のPVを目にした方もたくさんいらっしゃることでしょう。(未見の方はコチラ。)
 お問い合わせの通り、巷のロック・ファンで話題になっているこのPV。メンバーがさまざまなアーティストのコスプレをし演奏している姿が映し出されるわけですが、一体どんなコスプレをしているのか? CDJ.com的に判断できるところまで調査してみました。

 ロックの創世記から現在に至るまで、ロック・ヒストリーを辿って構成されているこのPVですが、

エルヴィス・プレスリー

ビートルズ

ジミ・ヘンドリックス(サイケデリック・ロック)

パーラメント/ファンカデリック

デヴィッド・ボウイマーク・ボラン(?)(グラム・ロック)

セックス・ピストルズ(パンク)

ミスフィッツ

モトリー・クルー(?)(へヴィ・ロック)

ニルヴァーナ(グランジ)

レッチリ

 明らかにあのアーティストと特定できるものもあれば、なんとなーくな雰囲気で判断しにくいものもありますが、上記のような具合でしょうか。各年代を象徴するアーティストやロック・シーンをモチーフにコスプレをかましてしまうレッチリのユーモア・センスもさすがですが、彼らの演技力にもなかなか脱帽です。
※ 記事は掲載日時点での情報をもとに書かれています。掲載後に生じた動向、および判明した事柄等は反映しておりません。ご了承ください。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “あーた”から“AATA”へ 注目のシンガー・ソングライターがその音楽人生を振り返る超ロング・インタビュー![インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち
[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表
[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構
[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』
[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD
[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015