ニュース

西本智実&イルミナートフィルハーモニーオーケストラが2年連続でヴァチカン国際音楽祭に招聘!

西本智実   2014/04/16 16:06掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
西本智実&イルミナートフィルハーモニーオーケストラが2年連続でヴァチカン国際音楽祭に招聘!
 昨年、〈ヴァチカン国際音楽祭〉にアジア初の団体として招聘され、大きな喝采を浴びた西本智実とイルミナートフィルハーモニーオーケストラ&イルミナート合唱団が、今年も同音楽祭および“枢機卿ミサ”に招聘されることが決定しました!

 10月25日に行なわれる“枢機卿ミサ”では、モーツァルトのミサ曲(K.427、K.317「戴冠式ミサ」よりヴァチカン指定抜粋)と、日本の隠れキリシタンに歌い継がれてきたオラショの原曲であるグレゴリオ聖歌を、サン・ピエトロ大聖堂に響かせます。

 そして10月26日にサン・パオロ大聖堂で開催される“ヴァチカン国際音楽祭”では、ヴェルディの「レクイエム」を演奏します。

 西本は昨年、長崎県平戸市生月島で450年にわたって歌い継がれてきたオラショを聖地ヴァチカンへ里帰りさせ、今年はヴァチカンで歌ったメンバーによる、ベートーヴェンの第九とオラショの演奏会を平戸で開催するとのこと(8月24日)。長崎県は“長崎の教会群とキリスト教関連遺産”の世界遺産登録を目指し、ローマ法王から支援のメッセージも届いています。

写真:(c)大木大輔

枢機卿ミサ
2014年10月25日 サン・ピエトロ大聖堂

ヴァチカン国際音楽祭
2014年10月26日 サン・パウロ大聖堂

※詳細はイルミナートフィルハーモニーオーケストラの“ヴァチカン国際音楽祭 2014”サイトへ
vatican.illuminart-phil.com
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 盛り上がる日本のアイリッシュ / ケルト音楽シーン[前編] インタビュー: 豊田耕三(O’Jizo)[インタビュー] 誰かの音楽と繋がることを恐れない――誰にも似ていないギタリスト、ヤコブ・ブロの謎に迫る
[インタビュー] フックアップしながら自分も“新鮮さ”をもらってる、その関係性こそがヒップホップ ISSUGI「7INC TREE」[インタビュー] “大人になった”LIFriendsが伝えるメッセージ「俺たちのララバイ」
[インタビュー] どんどん面倒臭い人間になって――グッドガールに別れを告げたテンテンコの目覚め[インタビュー] 虹のコンキスタドールがメジャー・デビュー! 赤組メンバーを徹底紹介
[インタビュー] やりたいのは“フェチじゃない”こと――ENDON『THROUGH THE MIRROR』に映るもの[インタビュー] 音楽に対してハングリーであるということ FEBB AS YOUNG MASON
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015