ニュース

ASA-CHANGがタブラボンゴの伝道にやってくる! <ASA-CHANGのタブラボンゴナイト>開催。

ASA-CHANG&巡礼   2010/02/26 15:14掲載
MyCDJ お気に入りリストに「」を追加/削除する はてなブックマークに追加
ASA-CHANGがタブラボンゴの伝道にやってくる! <ASA-CHANGのタブラボンゴナイト>開催。
 タブラなの? ボンゴなの? どっちなのッ? 魅惑でナゾのインドネシア生まれの太鼓「タブラボンゴ」。

 稀代のパーカッショニストASA-CHANGが惚れ込んだタブラボンゴの魅力とは!? ルーツや演奏法、インドネシアご当地の大衆音楽Dangdut(ダンドゥット)、そしてタブラボンゴの可能性までを元・東京スカパラダイスオーケストラのバンド・マスターでありASA-CHANG&巡礼でおなじみパーカッショニストのASA-CHANGがたっぷりトーク&ライヴ!
音のヒミツをばっちりデモンストレーション! 軽やかで愉快なタブラボンゴサウンドを体感しましょう。スケジュールは以下。


<ASA-CHANGのタブラボンゴナイト> 

※3月25日仙台のみ別内容になります。

●日時:3月16日(火)
●会場:郡山・ゴア☆ガジャ
●料金:前売2,500円 / 当日3,000円
※問い合わせ:ゴア☆ガジャ [Tel]024−922-2315

●日時:3月17日(水)
●会場:福島・ブルースbar「なまず亭」
●料金:前売2,500円 / 当日3,000円(共にドリンク付き)
※問い合わせ:なまず亭 [Tel]024-522-7013

●日時:3月22日(祝)
●会場:秋田・Live Space「四階」
●料金:2,000円(小学生以下無料)
※問い合わせ:Live Space「四階」 [Tel]090-2940-2619

●日時:3月23日(火)
●会場:盛岡・AYANO'S BAR
●料金:2,500円(ドリンク代500円別途)
※問い合わせ:AYANO'S BAR [Tel]019-622-5510/ニュース・プロモーション 022-266-7555

●日時:3月25日(木)
●会場:仙台・超五感cafe&gallery PANGAEA
bmpd プレゼンツ
ASA-CHANGのレクチャーナイト
「民族音楽 奥の細道」
●トーク&レクチャー:ASA-CHANG
●料金:一般2500円 / 学生2000円(1ドリンク+テキスト+手みやげ付き)
※問い合わせ:bmpd木村 [Tel]022-224-8663/アフリークソレイユ 022-267-0104

●日時:4月3日(土) 
●会場:八女・カフェ スコシ
●料金:3,000円(要1ドリンクオーダー)
※問い合わせ [Tel]094-322-3277(金曜、土曜、日曜15〜23時)

●日時:4月4日(日) 
●会場:熊本・ONE DROP Dining'studio
●料金:前売2,500円 / 当日3,000円(要ワンドリンクオーダー)
※問い合わせ ONE DROP Dining'studio [Tel]096-331-1106

●日時:4月7日(水)
●会場:宮崎・THE BAR
●料金:2,000円
※問い合わせ THE BAR [Tel]0985-71-0423

●日時:4月9日(金)
●会場:大分・AT HALL
●料金:前売2,000円 / 当日2,500円
※問い合わせ AT HALL [Tel]097-535-2567

●日時:4月10日(土)
●会場:福岡・livehouse&club PEACE
●料金:前売り/2500円 当日/3000円(要ワンドリンクオーダー)
※問い合わせ [Tel]092-741-5405
オール・ジャンル 最新ニュース
 
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] フックアップしながら自分も“新鮮さ”をもらってる、その関係性こそがヒップホップ ISSUGI「7INC TREE」[インタビュー] “大人になった”LIFriendsが伝えるメッセージ「俺たちのララバイ」
[インタビュー] どんどん面倒臭い人間になって――グッドガールに別れを告げたテンテンコの目覚め[インタビュー] 虹のコンキスタドールがメジャー・デビュー! 赤組メンバーを徹底紹介
[インタビュー] やりたいのは“フェチじゃない”こと――ENDON『THROUGH THE MIRROR』に映るもの[インタビュー] 音楽に対してハングリーであるということ FEBB AS YOUNG MASON
[インタビュー] トロピカル・ミュージックの世界をあらゆる深度で探求する――ウィル・ホランド(クァンティック)がオンダトロピカ『Baile Bucanero』で目指したもの[インタビュー] どこかで“つながっている”3人 ゆるふわギャングが描く、未来の自分たち
※ 弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015