ニュース

デス・フロム・アバヴ 1979、解散を発表

2006/08/07掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 ギターレスでありながら異様なまでにノイジーなガレージ系サウンドで人気を得た、デス・フロム・アバヴ 1979(Death From Above 1979)が、その活動を休止し解散となることが発表されました。

 デス・フロム・アバヴ 1979は、2000年にジェス・F・ケラーとセバスチャン・グレイグナーによって結成されたカナダ出身のユニット。オリジナル・アルバムとしては2004年発表の『ユー・アー・ア・ウーマン、アイム・ア・マシーン』(写真)のみで、他にはリミックス盤『ロマンス・ブラッディ・ロマンス』を発表していました。

 グループの公式HPに掲載されたコメントによれば、すでに数年前からメンバー2人とも個別のプロジェクトを立ち上げていて、今後はそれを活動をメインとしたいというのが今回の解散の理由とのこと。ジェス・F・ケラーはデビュー作発表も近いMSTRKRFT(マスタークラフト)として今後は活動を続けていく予定です。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015