ニュース

フラメンコとメタルで“フラメタル”!? 現白蛇のベーシストも在籍

2007/01/23掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 アニメとメタルでアニメタル、というのは日本の話ですが、なんと、米国からはフラメンコとメタルを融合した“フラメタル”なるバンドがデビューすることになりました。アルバム『ジ・エルダー』の日本盤(写真・XQAK-1003 税込\1,980)は、ボーナス・トラックを追加して3月7日の発売予定です。

 このフラメタル、サンフランシスコで活躍するフラメンコ・ギタリストのベンジャミン・ウッズと、昨年春にホワイトスネイクのベーシストとして来日もしている、ユーライア・ダフィを中心に結成されたとのこと。バンドはフラメンコ・ギター&ヴォーカル、エレクトリック・ギター、ドラムス、そしてユーライアと女性ベーシストによるツイン・ベースという編成で、さらには女性フラメンコ・ダンサー2名もメンバーとしてクレジットされています。海の向こうではMTVや大手ネットワークのNBC、スペインのテレビ局でも取り上げられるなど、早くも注目を浴びているんだとか。公式HPでは楽曲の試聴に加え、プロモーション・ビデオも公開されていますので、気になる方はその耳と目でチェックを。

 考えてみれば、欧州ではトラッド・フォークとメタルの融合は当たり前のように行なわれている訳で、フラメンコをルーツに持つミュージシャンが同じことをやっても不思議ではないのかもしれません。なんでも、日本の発売元では全国のフラメンコ教室へも告知するとのことですので、ダンサーの皆さんもチェックしてみては?


●『ジ・エルダー』収録曲
01. Bruja Tortura
02. Anda Jaleo
03. The Elder
04. Cuatro Caballeros
05. Silencio/escobilla
06. Red Cobblestone
07. Into Fear
08. P'alla al infierno vas
09. The Summoning
10. Uno Abajo ※
11. Tarantulao ※
12. Skeleton Elder ※
※日本盤ボーナス・トラック
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] KAITO もう一回自分を“ここ”に戻してくれた音楽たち[インタビュー] ケイコ・リーが70〜80年代洋楽ヒットなどを歌う
[インタビュー] 日本のパンク・シーンに登場してから35年! 今も走り続けるNICKEYがベスト盤とミニ・アルバムを発表[インタビュー] 進化するKIRINJI “シティ・ポップ”で“夜の匂い”のする14thアルバム
[インタビュー] Carpainter ジャパニーズ・テクノへの懐古と再構[インタビュー] chay 「今の時期だからこそ歌えた歌」心の成長や変化が昇華された新作
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015