ニュース

Ozzfest 2007は、なんとチケット代が無料!

2007/02/07掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 今年で12回目を迎えるメタル系のパッケージ・ツアー、Ozzfestの概要が2月6日に発表、なんと、今回のOzzfest 2007はチケット代が無料になる模様です。これはオジー・オズボーンと夫人であるシャロン・オズボーン、プロモーターのLive Nationが明らかにしたもの。ここ数年、参加アーティストの費用やギャラが増えたためにチケット代の上昇を招いており、シャロン曰く「もっと子どもたちにも来てもらって、特別な経験をしてほしい」という思いから今回のアイディアが生まれたようです。

 Live Nationの社長であるジェイソン・ガーナーによれば、「過去11年間、ファンがOzzfestを米国でもっとも成功しているフェスにしてくれた」ため、感謝の意を表すよりよい方法として、無料という形をとることにしたとのこと。チケットは各スポンサーのスペシャル・サイトで入手する形になり、詳細はOzzfestの公式HP及びLive NationのHPで間もなく発表される予定です。

 今年は7月7日のロサンゼルスを皮切りに、25回の日程が組まれており、会場などの詳細は後日発表。昨年はセカンド・ステージに時おり登場するだけだったオジーが、メイン・ステージのヘッドライナーに復活することは明らかにされていますが、他のラインアップは現時点では判明していません。オジーは現在、『ダウン・トゥ・アース』(写真・2001年)以来となるオリジナル・アルバムを制作中。その新作を引っ提げての参戦、さらにチケット代が無料となれば、話題になることは必至と言えるでしょう。
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015