ニュース

Ozzfest 2007は、なんとチケット代が無料!

2007/02/07掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 今年で12回目を迎えるメタル系のパッケージ・ツアー、Ozzfestの概要が2月6日に発表、なんと、今回のOzzfest 2007はチケット代が無料になる模様です。これはオジー・オズボーンと夫人であるシャロン・オズボーン、プロモーターのLive Nationが明らかにしたもの。ここ数年、参加アーティストの費用やギャラが増えたためにチケット代の上昇を招いており、シャロン曰く「もっと子どもたちにも来てもらって、特別な経験をしてほしい」という思いから今回のアイディアが生まれたようです。

 Live Nationの社長であるジェイソン・ガーナーによれば、「過去11年間、ファンがOzzfestを米国でもっとも成功しているフェスにしてくれた」ため、感謝の意を表すよりよい方法として、無料という形をとることにしたとのこと。チケットは各スポンサーのスペシャル・サイトで入手する形になり、詳細はOzzfestの公式HP及びLive NationのHPで間もなく発表される予定です。

 今年は7月7日のロサンゼルスを皮切りに、25回の日程が組まれており、会場などの詳細は後日発表。昨年はセカンド・ステージに時おり登場するだけだったオジーが、メイン・ステージのヘッドライナーに復活することは明らかにされていますが、他のラインアップは現時点では判明していません。オジーは現在、『ダウン・トゥ・アース』(写真・2001年)以来となるオリジナル・アルバムを制作中。その新作を引っ提げての参戦、さらにチケット代が無料となれば、話題になることは必至と言えるでしょう。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実
[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー[インタビュー] 活動10周年にして集大成さくら学院ラスト・インタビュー
[インタビュー] チャレンジ精神に歌とダンスでエールを送る 新曲は『新幹線変形ロボ シンカリオンZ』主題歌、BOYS AND MEN[特集] Sony Park展「音楽は旅だ」「カンタビレIN THE PARK」レポート 奥田民生
[特集] クラウン時代のラスト・アルバム(鈴木茂コスモス’51リミックス発売記念ライブ)白熱のライヴ・レポート、鈴木茂[インタビュー] 千住真理子、音楽は時空を超えて旅をする 新作はヴァイオリンで歌う世界のメロディ
[インタビュー] ユーミン、じゃがたら、『みんなのうた』…、新作は原曲と違う風景が見えるカヴァー集 KERA[インタビュー] 宮本笑里×DAITA 恐竜科学博の壮大なテーマ曲で実現した、異なる弦楽器のコラボレーション
[インタビュー] 架空の映画のサウンドトラックというコンセプト・アルバムを発表したKaede[インタビュー] 大井 健 コロナ被害からの再起 / みずからの新たな挑戦から生まれたクラシック・アルバム
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015