ニュース

ハイセンスな都市型ポップスを作り出す新人、遠藤慎吾デビュー!!

遠藤慎吾   2004/02/16掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 神森徹也高橋徹也、そして中村一義などなど・・・。定期的に訪れる才能に溢れた宅録畑出身の男性シンガーソングライターに出会った時の衝撃は、音楽ファン(特に作曲・宅録経験者)なら、嫉妬と感動に襲われてしまうわけですが、今回もそんな才能豊かなニューフェイスの登場!! 彼の名は遠藤慎吾。2月28日にミニ・アルバム『僕の発見』(ABST-4 \1,500(税込))で堂々デビューです!! 
 上記した先人達は、どちらかと言うと“ロック”の範疇に入る人達ですが、この遠藤慎吾を聴いてみると、思いっきりAOR風なのでビックリ!! 本人も楽曲のコメントで「ニック・デカロマイケル・フランクスをイメージした」と語るように、なるほど“それっぽい”クールなサウンド。ロックンロールと違って、ニック・デカロ〜マイケル・フランクスといったジャンルは、楽典的な知識とジャズメン級の楽器テクニックが必要なので、宅録からは、あまり生まれないジャンルなだけに、なかなか面白い!

 自身の曲が坂本龍一のgutレーベルのコンピレーション盤に収録されたことがきっかけで注目を集めるなど、登場の仕方もクールな遠藤慎吾。今回のデビュー盤に収められた楽曲も、まるでキリンジのような清涼感もあるかと思えば、b-flowerのようなリリシズムもあり、ノーナ・リーヴスのようなディスコチューンへの造詣の深さも感じさせるなど、わずか5曲ながら、その才能を証明するには十分過ぎるほど、バラエティー豊かな楽曲が各種取り揃えていますので、今、挙げた名前に1つでも反応した方は間違いなくハマれるんじゃないでしょうか? 特に“山下達郎がジャニーズ・アーティストをプロデュースした感じ”と自ら形容した「予感」は、ジャニーズと言うよりも、まるでカール・カールトンみたいなブラコン〜ディスコ風のフレーズが満載で、意外とそっち系の方に推薦しても良いかと・・・。とにかく奥深い才能を秘めたこの遠藤慎吾。ブレイクする前にチェックしといて、友達と差をつけちゃいましょう!!
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] INORAN LUNA SEAの新作と同時進行で制作した約3年ぶりのソロ・アルバム[インタビュー] 上原ひろみ、ニュアンス豊かな“色彩”に満ちた10年ぶりのソロ・ピアノ・アルバム『Spectrum』を発表
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【後編】福間洸太朗、藤田真央インタビュー[インタビュー] 東京1夜かぎりのクアトロ公演に加え、朝霧JAMにも出演! ホットハウス・フラワーズのリアム・オ・メンリィが語る、今も続く音楽の女神との会話
[インタビュー] トーキョーキラー センスと個性をあわせ持ったプレイヤーが自由奔放に音をぶつけ合う極上のインスト・アルバム[インタビュー] 「関ジャニ∞の仕分け」でもおなじみのピアニスト、ジェイコブ・コーラーが奏でるお気に入りの日本のメロディ
[特集] 映画『蜜蜂と遠雷』各キャラクターの演奏を担当したピアニストによるインスパイアード・アルバム全4タイトル発売 【前編】河村尚子、金子三勇士インタビュー[インタビュー] 野崎りこん “ネット・ラップ叩き上げの異彩MC”による原点回帰作
[インタビュー] 音楽と映像のスペクタクル・ショウが開幕――ディズニー初の公式アカペラ・グループ、ディカペラが日本ツアーを開催[インタビュー] akiko 間や響きの美学に満ちた静寂の世界――ピアニスト林正樹とのコラボ・アルバム『spectrum』
[インタビュー] エレクトリック・マイルスの現代版を標榜するSelim Slive Elementzがライヴ録音の新作『VOICE』を発表[インタビュー] 不安や焦りや苦しみをポジティヴに変換していく 杏沙子、初のシングルを発表
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
新譜情報
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015