ニュース

YMOのトリビュート盤発売に!

2004/07/16掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 しばらく廃盤状態になっていたオリジナル作が2003年に復刻されたことを機に、再評価の熱が高まってきた、YMO(イエロー・マジック・オーケストラ)。そんな絶好のタイミングに併せて、YMOのトリビュート・アルバム『TRIBUTE TO YMO〜トリビュート・トゥ・ワイ エム オー〜』(写真/IDCA-1018 \2,625(税込))が9月8日にリリースされる予定です。

 以前にも何作かリリースされてきたYMOのトリビュート・アルバムですが、本作には現在の日本の音楽シーンを形成しているアーティストがこぞって参加。例えば、YMO散解直前に発表した「君に、胸キュン。」をSUGIURUMN曽我部恵一をフィーチャーリングしてカヴァーしたり、GREAT3の片寄明人がショコラと共に新ユニットを結成(名義はまだ未定)して、細野晴臣色濃い「THE MADMEN」をカヴァーしたりと、なかなか興味深い楽曲が多い本作。他にも、クラムボンの「以心電信」や高野寛の「CUE」など、聴く前からすごくマッチしていそうな予感がするカヴァーも収録される予定なので、これはなかなか面白いかも? YMO好きも、そうでない方もこれは要チェックですよ!

・東京スカパラダイスオーケストラ/SIMOON
・KEN ISHII/未定
・LOW-IQ-01/RYDEEN
・SUGIZO/千のナイフ
・クラムボン/以心電信
・JAZZTRONIK/BEHIND THE MASK
・高野寛/CUE
・ERSKIN/COSMIC SURFIN'
・SUGIURUMN feat.曽我部恵一/君に、胸キュン。
・Dr.Shingo/LA FEMME CHINOISE
・イルリメ/スネークマンショウ
・ユニット名未定(片寄明人(GREAT3)+ショコラ)/THE MADMEN
・Sun Paulo(佐藤タイジ(Theatre Brook))/未定
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声
[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤
[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター
[インタビュー] アンドレア・ボチェッリ、ロックダウン中の心境を反映した、安らぎの新作『Believe〜愛だけを信じて』[特集] 半美子、今こそ“心のふるさと”に帰ろう、半美子初のカヴァー・アルバム
[インタビュー] 小西真奈美、豪華プロデューサー陣を迎えて描く等身大のポップ・アルバム[特集] 吉澤嘉代子、デビューから5年の集大成『新・魔女図鑑』
[インタビュー] ダーティ・ループス、華々しいデビューから6年、スウェーデンの3人組がひさびさの新曲を収録するEPを発表[インタビュー] 大貫妙子、名門レコーディング・スタジオを描いた映画『音響ハウス Melody-Go-Round』を語る
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015