ニュース

ショーン・オヘイガン(ハイ・ラマズ)、弾き語りのジャパン・ツアーを開催

2017/12/28 15:23掲載
はてなブックマークに追加
ショーン・オヘイガン(ハイ・ラマズ)、弾き語りのジャパン・ツアーを開催
 ポップ・バンド、ハイ・ラマズのフロントマンにして、2017年にはカシンやドミニコ・ランセロッチといったブラジルの新世代ミュージシャンの作品に参加して話題を呼んだショーン・オヘイガン(Sean O'Hagan)が2018年1月17日(水)より大阪、名古屋、金沢、東京の全国4ヵ所を回るジャパン・ツアーを開催します。じつに6年ぶりとなる来日公演は、ショーン・オヘイガンの弾き語り。儚くも美しいポップ・ソングの数々を堪能できそうです。

 また、ショーン・オヘイガンは、その後ファティマ・マンションズを結成するキャーサル・コフランとともに1980年代に組んでいたバンド、マイクロディズニーを一時的に復活させ、2018年6月にアイルランド・ダブリンとイギリス・ロンドンでライヴを行なうことが決定しています。この公演では1985年にイギリスでインディ・チャートの1位を獲得したアルバム『The Clock Comes Down The Stairs』を全曲再現する予定です。

ショーン・オヘイガン
ジャパン・ツアー2018


2018年1月17日(水)
大阪 ニューオーサカホテル心斎橋 地下1階(Grotta dell Amore)
出演: ショーン・オヘイガン(ザ・ハイ・ラマズ)、ゆうき
開場 19:00 / 開演 19:30
前売 3,500円 / 当日 4,000円(税込 / 別途ドリンク代)
※お問い合わせ: Cow and Mouse 080-3136-2673 cowandmouse1110(at)gmail.com
※件名に「ショーン・オヘイガン大阪公演」と明記の上、お名前・お電話番号・チケット枚数をご記入いただき、上記メール・アドレスにお申し込み下さい。確認後、折り返しご返信致します。

2018年1月18日(木)
愛知 名古屋 得三
出演: ショーン・オヘイガン(ザ・ハイ・ラマズ)、Gofish
開場 18:30 / 開演 19:30
前売 3,500円 / 当日 4,000円(税込 / 別途ドリンク代)
※お問い合わせ: サイトクノ ticketsaitocno(at)gmail.com
※件名に「ショーン・オヘイガン名古屋公演」と明記の上、お名前・お電話番号・チケット枚数をご記入いただき、上記メール・アドレスにお申し込み下さい。確認後、折り返しご返信致します。

2018年1月19日(金)
石川 金沢 アートグミ
出演: ショーン・オヘイガン(ザ・ハイ・ラマズ)、asuna
開場 19:00 / 開演 19:30
前売 4,000円 / 当日 4,500円(税込 / 別途ドリンク代)
※お問い合わせ: サイトクノ ticketsaitocno(at)gmail.com
※件名に「ショーン・オヘイガン金沢公演」と明記の上、お名前・お電話番号・チケット枚数をご記入いただき、上記メール・アドレスにお申し込み下さい。確認後、折り返しご返信致します。

2018年1月20日(土)
東京 板橋 安養院
出演: ショーン・オヘイガン(ザ・ハイ・ラマズ)、Takuji(青柳拓次)
開場 17:00 / 開演 17:30
前売 4,000円 / 当日 4,500円(税込)
※お問い合わせ: サイトクノ ticketsaitocno(at)gmail.com
※件名に「ショーン・オヘイガン東京公演」と明記の上、お名前・お電話番号・チケット枚数をご記入いただき、上記メール・アドレスにお申し込み下さい。確認後、折り返しご返信致します。
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 音楽で“アガっていける”瞬間を求めて ERA『Culture Influences』[インタビュー] 明るい未来が待っている――新生・風男塾の“熱い”魅力とは
[インタビュー] いい加減みんな気づいてるんじゃないの?――“違和感”と対峙する、GEZAN『Silence Will Speak』[インタビュー] デビュー10周年を迎えた藤澤ノリマサ 歌とピアノだけで挑んだ『ポップオペラ名曲アルバム』
[インタビュー] 史上初のクラシカルDJ / 指揮者、Aoi Mizunoが開く“ミレニアル世代のためのクラシックの入り口”[インタビュー] ポップ・マエストロ、松尾清憲 新章の幕開けを飾る『All the World is Made of Stories』
[インタビュー] まず“自分という人”がいて、そのなかに“音楽家、ギタリスト”の自分がいる――“いま”の村治佳織を投影させた『シネマ』[インタビュー] 俺らなりのヒップホップを提示するだけ―― BULL CAMP×MIKRIS
[インタビュー] 歌い継がれることで更新されていくポップ・ミュージック ザ・なつやすみバンド『映像』[インタビュー] kamui&なかむらみなみ TENG GANG STARRは“夢”に生きる
[インタビュー] 音楽に滲む風景 mabanua『Blurred』[インタビュー] 変わりゆく同じグルーヴ――BUDAMUNK『Movin’ Scent』
新譜情報
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015