ニュース

ビヨンセ、ドナルド・グローヴァーらが歌う映画「ライオン・キング」サントラ発売

2019/07/11 13:06掲載
はてなブックマークに追加
ビヨンセ、ドナルド・グローヴァーらが歌う映画「ライオン・キング」サントラ発売
 日本で8月9日(金)に公開される実写版の映画「ライオン・キング」のオリジナル・サウンドトラックが8月7日(水)に発売されます。日本盤には、ナラ役のビヨンセ、シンバ役のドナルド・グローヴァーらオリジナル・キャストが歌う英語版(CD UWCD-1043 2,500円 + 税)、吹替版キャストが歌う日本語版(CD UWCD-1044 2,500円 + 税)、その両方を収録するデラックス版(2CD UWCD-1045〜6 3,426円 + 税)の3種類があります。

 本作ではファレル・ウィリアムスが5曲でプロデュースを担当しており、1994年に公開されたアニメ版の主題歌で、〈アカデミー主題歌賞〉を獲得したエルトン・ジョンの「愛を感じて」がビヨンセ、ドナルド・グローヴァー、ビリー・アイクナー、セス・ローゲンの歌唱、ウィリアムスのプロデュースで新たにレコーディングされているほか、ハンス・ジマーと南アフリカ出身の作曲家 / 歌手のレボ・Mもアニメ版に次いで本作でも音楽に関わっています。収録曲で、ビヨンセの歌う壮大なスケールの新曲「スピリット」が配信中です。

 映画を監督したジョン・ファヴローは、「誰もが曲を聴いただけで深く心を打たれると思う。たとえアニメーション版やミュージカル版を知らなかったとしても、人の心を揺さぶる力が『ライオン・キング』の楽曲にはある。一方でもしもともとアニメーション版を知っていたり、それで育ってきていた人が聴くと、映画公開当時に夢中になっていたことや子供時代のこと、関連する人生の出来事などの過去の“ライオン・キング体験”が蘇って、当時の思い出や感情が脳内をめぐるんだ」とコメントしています。


©2019 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

■2019年8月7日(水)発売
『ライオン・キング オリジナル・サウンドトラック デラックス版』
2CD UWCD-1045〜6 3,426円 + 税

[Disc 1](英語版)
01. サークル・オブ・ライフ/ナー・イゴンニャマ(リンディウェ・ムキゼ、レボ・M)
02. この世は不公平(ハンス・ジマー)
03. ラフィキのホタル(ハンス・ジマー)
04. 王様になるのが待ちきれない(JD・マクラリー、シャハディ・ライト・ジョセフ、ジョン・オリヴァー)※
05. 象の墓場(ハンス・ジマー)
06. 準備をしておけ(2019)(キウェテル・イジョフォー)
07. ヌーの暴走(ハンス・ジマー)
08. スカーが王に(ハンス・ジマー)
09. ハクナ・マタタ(ビリー・アイクナー、セス・ローゲン、JD・マクラリー、ドナルド・グローヴァー)※
10. シンバが生きている!(ハンス・ジマー)
11. ライオンは寝ている(ビリー・アイクナー、セス・ローゲン)※
12. 愛を感じて(ビヨンセ、ドナルド・グローヴァー、ビリー・アイクナー、セス・ローゲン)※
13. ムファサの面影(ハンス・ジマー)
14. スピリット(ビヨンセ)
15. プライドロックの戦い(ハンス・ジマー)
16. 忘れるな(ハンス・ジマー)
17. ネバー・トゥー・レイト(エルトン・ジョン)
18. ヒー・リブズ・イン・ユー(レボ・M)
19. ムブーベ(レボ・M)※

[Disc 2](日本語版)
01. サークル・オブ・ライフ/ナー・イゴンニャマ(菅井美和、レボ・M)
02. 王様になるのが待ちきれない(小林星蘭、根本泰彦)※
03. 準備をしておけ(2019)(江口洋介)
04. ハクナ・マタタ(亜生(ミキ)、佐藤二朗、賀来賢人)※
05. ライオンは寝ている(亜生(ミキ)、佐藤二朗)※
06. 愛を感じて(門山葉子、賀来賢人、亜生(ミキ)、佐藤二朗) ※
07. 思い出せ(ハンス・ジマー)
08. 未定

※はファレル・ウィリアムスによるプロデュース
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 50/50[インタビュー] 杏沙子
[インタビュー] 柴田聡子、新しい試みとニューEP[インタビュー] PIZZICATO ONE、5年ぶりのニュー・アルバムはワンマンライヴの実況録音盤
[インタビュー] 緊急超会議!アップアップガールズ(仮)×アップアップガールズ(2)×アップアップガールズ(プロレス)[インタビュー] シバノソウ、独創的なサウンドに少女のリアルをこめた1stアルバム
[インタビュー] 久保田麻琴、最新マスタリングで復刻される、70年代の名盤3枚を語る[インタビュー] 加藤和樹、デビュー15年目のエモーショナルなミニ・アルバム
[インタビュー] カミーユ・トマ、“暗闇から光に向かう旅”という物語の曲が集まった新作で、チェロが奏でる希望の声[インタビュー] plane、普遍的な魅力を持った7年ぶりのニュー・アルバム
[インタビュー] TOKU、ジョヴァンニ・ミラバッシとの出会いから生まれたフランスでのデビュー・アルバム[インタビュー] 太田貴子、“クリィミーマミがいたから今の私がいる”徳間ジャパン時代の全音源を収める作品集を発表
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015