ニュース

〈エリック・ロメール監督特集上映 六つの教訓話 デジタル・リマスター版〉予告編完成 夏目知幸らのコメントも到着

エリック・ロメール   2021/04/08 13:50掲載
はてなブックマークに追加
〈エリック・ロメール監督特集上映 六つの教訓話 デジタル・リマスター版〉予告編完成 夏目知幸らのコメントも到着
 4月23(金)より東京・Bunkamura ル・シネマを皮切りに全国で開催される、〈エリック・ロメール監督特集上映「六つの教訓話 デジタル・リマスター版」〉のチラシ・予告編が完成しました。4月23日(金)〜5月20日(木)の28日間の会期中の全タイムテーブルも決定。また、『六つの教訓話』の新場面写真のほか、短編6作品の場面写真も公開。さらに、濱口竜介(映画監督)、石橋静河(俳優)、夏目知幸(ミュージシャン / ex.シャムキャッツ)から、エリック・ロメールについて、そして『六つ教訓話』についてコメントが到着しました。

 今年生誕101年を迎える、生涯にわたって女性を描き続けた恋愛喜劇の巨匠エリック・ロメール(1920-2010)。パリの街角や湖畔の避暑地、南仏のリゾートなど風光明媚なフランスの風景を舞台に、2人の魅力的な女性と、そのはざまで運命の愛を求め悶々とする男、という図式で展開されるロメール初の連作『六つの教訓話』シリーズは、後にハリウッドでも『バーフライ』など映画監督としても活躍する、ロメールの盟友バーベット・シュローダー(仏語: バルベ・シュローデル)が主演・製作を務めた第1話『モンソーのパン屋の女の子』(62年)、ロメールの作風を決定づけたと言われる重要作の第2話『シュザンヌの生き方』(63年)、ジャン・ルイ=トランティニャンが主演し、全米批評家協会賞脚本賞をはじめ各国で絶賛された出世作にして、日本でも初めて劇場公開された第3話『モード家の一夜』(69年)、以後ロメールと強力なタッグを組む名カメラマン、ネストール・アルメンドロスが初めて手掛けたカラー作品であり、「フランス初のヒッピー映画」と称された第4話『コレクションする女』(67年)、ルイ・デリュック賞はじめ各賞を受賞した第5話『クレールの膝』(70年)、当時のフランスのヒッピーカルチャーを象徴する“ズズ”が主演、これまでのヒロインがカメオ出演した「六つの教訓話」の総集たる第6話『愛の昼下がり』(72年)の6作品。

 併映する短編6作品からは、20歳のジャン=リュック・ゴダールが主演した『紹介、またはシャルロットとステーキ』(51年)、ゴダールのと共作コメディ『ヴェロニクと怠慢な生徒』(58年)、日本初公開・未ソフト化のロメール自ら主演、トリュフォーが大絶賛した『ベレニス』(54年)、若かりし頃のロメールが徹底的に観察した女性たちのリアルな生の記録ともいえる『パリのナジャ』(64年)、『ある現代の女子学生』(66年)、『モンフォーコンの農婦』(67年)の6作品が上映されます。また、ロメールの長編デビュー作『獅子座』(59年)も特別に上映されることになりました。

[濱口竜介(映画監督) コメント]
エリック・ロメールほど一生を通じて「面白い」映画だけを作り続けた人はいない。面白い映画を探している人は皆、どうかまずこの「六つの教訓話(道徳的コント集)」シリーズを発見していただきたい。しかし、これらの映画からどのような教訓を引き出すこともできはしない。誘惑に右往左往する男たちの姿に「道徳とは果たして何か」と宙吊りにされるのみだ。しかし、面白い映画というのはそもそもそういうものなのだ。答えは宙吊りにされ、私たちは永遠に誘惑され続ける。

[石橋静河 コメント]
初めてロメール作品を観たのは白黒映画を観るために名画座に通っていた時だった。言葉の通り、世界が色づきキラキラと全てが輝いてみえた。それから私はロメール作品に恋をした。物事の善悪ではなく、美しいから良いという、曖昧でシンプルな芸術の寛大さを、息の詰まる現代を生きる私たちにも教えてくれる気がする。

[夏目知幸(ミュージシャン) コメント]
出てくる人みんな身に覚えのあるダサさがあって、しょうもな……と思うにつけ自分も痛い。彼らは話しているというより誰かに喋らされている。都会ってそういう場所だ。滑稽で、なんか気持ちいい。快感のあとは、疲れ。俺の心には風が木々を揺らす音、人気のない浜辺の水平線、街を行き交う車のツヤツヤだけ残る。思い出の背景。いっぱい増やしたいよねと映画が言ってくる。





『エリック・ロメール監督特集上映 六つの教訓話 デジタル・リマスター版』
2021年4月23日(金)より東京 Bunkamura ル・シネマほか全国で開催
配給: コピアポアフィルム
後援: 在日フランス大使館、アンスティチュ・フランセ日本
rohmer-sixcontesmoraux.jp
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] 2週連続企画 ジョン・レノン『ジョンの魂』 ビートルズ解散後に発表された初のソロ・アルバムを徹底解説[インタビュー] 原点回帰のカラフル・ポップ・アルバム 青木慶則
[インタビュー] 女の情念を描いた艶唄。真木柚布子[インタビュー] コモリタミノルを迎えた新境地 丘みどり
[インタビュー] Yellow Studs、現在の社会に抗う意思とバンドマンのリアルな生き様[インタビュー] 児玉 桃、ECMからの3作目は、小澤征爾指揮水戸室内管との細川俊夫とモーツァルト
[インタビュー] ジョン・グラム、みずから手がけた大河ドラマ『麒麟がくる』の音楽を語る[インタビュー] ナミヒラアユコ、ライヴ感&グルーヴィなサウンドとジャンルを横断するパワフルな歌声
[インタビュー] 梅井美咲、16歳でブルーノート東京に出演したジャズ・ピアニストが鮮烈デビュー[インタビュー] ジェイコブ・コーラーが語る、よみぃとの共演作と全面バックアップしたMAiSAのデビュー盤
[インタビュー] noonが聴く軽量・高音質イヤフォンNUARL“N6 mini”[インタビュー] kiki vivi lily、スウィート&グルーヴィな新世代シンガー・ソングライター
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015