ニュース

ファレル・ウィリアムス&アリアナ・グランデらが参加、アルトゥーロ・サンドヴァルがデュエット・アルバムを発売

アルトゥーロ・サンドヴァール(Arturo Sandoval)   2018/07/11 12:54掲載
はてなブックマークに追加
 ラテン・ジャズ界のスーパー・トランペッター、アルトゥーロ・サンドヴァル(Arturo Sandval)が、ファレル・ウィリアムスアリアナ・グランデスティーヴィー・ワンダープラシド・ドミンゴジョシュ・グローバンら世界の音楽シーンを代表する豪華ヴォーカリストたちをフィーチャーした、キャリア初のデュエット・アルバム『アルティメット・デュエット』(UCCU-1578 2,500円 + 税)を7月11日(水)にリリース。このアルバムを携え、9月11日(火)から13日(木)東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOにて来日公演を開催。この公演には米ニューヨーク出身のジャズ・シンガー、ジェーン・モンハイトが帯同します。

 サンドヴァルはチューチョ・ヴァルデスパキート・デ・リヴェラと共に母国キューバのスーパー・バンド、イラケレで活動した後、1999年アメリカに帰化。これまで10度の〈グラミー賞〉を獲得し、2013年には米国政府からジャズ系ミュージシャンとしてはカウント・ベイシー以来となる“Medal of Freedom”を授与されました。

 本作に参加したヴォーカリストたちは、アルバム収録にあたり、自身の代表曲を含め、サンドヴァルと共演したいナンバーをセレクト。ファレル・ウィリアムス&アリアナ・グランデによるラテン・フィールの新曲「アルトゥーロ・サンドヴァル」や、サンドヴァルが初めてグラミー授賞式で演奏したというバーブラ・ストライサンドのバラード「ピープル」をスティーヴィー・ワンダーがカヴァーし、ABBAアンニ=フリッド・リングスタッドは、ABBAの大ヒット作『スーパー・トルーパー』収録の「アンダンテ・アンダンテ」を歌うなど、個性豊かな11曲を収録しています。

 来日公演の予約は、一般Web先行が7月16日(月)、一般電話が7月19日(木)からそれぞれ受付開始。詳しくはBLUE NOTE TOKYOのオフィシャル・サイトでご確認ください。

■2018年7月11日(水)発売
アルトゥーロ・サンドヴァル
アルティメット・デュエット

UCCU-1578 2,500円 + 税

01. くよくよするなよ feat. プリンス・ロイス
02. コラゾン・パルティオ feat. アレハンドロ・サンス
03. ピープル feat. スティーヴィー・ワンダー
04. グラナダ feat. プラシド・ドミンゴ&ビセンテ・アミーゴ
05. アルトゥーロ・サンドヴァル feat. ファレル・ウィリアムス&アリアナ・グランデ
06. ソロ・エスタ・ソレダ feat. ジョシュ・グローバン
07. ラ・ビリルビーナ feat. フアン・ルイス・ゲーラ
08. アンダンテ、アンダンテ feat. アンニ=フリッド・リングスタッド(ABBA)
09. エル・ルイード feat. ダビッド・ビスバル
10. アフター・オール feat. アル・ジャロウ
11. キンバラ feat. セリア・クルス


アルトゥーロ・サンドヴァル
with special guest ジェーン・モンハイト

www.bluenote.co.jp/jp/artists/arturo-sandoval

2018年9月11日(火)〜13日(木)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
8,500円(税込/飲食代別)

[メンバー]
アルトゥーロ・サンドヴァル(tp)
ジェーン・モンハイト(vo)
マイク・タッカー(sax)
マックス・ヘイマー(p)
ジョン・ベルザガイ(b)
ジョニー・フライデイ(ds)
ティキ・パシラス(perc)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース
[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』
[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』
[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演
[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る
[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』[インタビュー] THREE1989が挑んだ“愛のアルバム”『Kiss』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015