ニュース

BACK DROP BOMB、新編成での第1弾ワンマン・ライヴ開催!

バック・ドロップ・ボム   2013/02/04 15:15掲載
はてなブックマークに追加
BACK DROP BOMB、新編成での第1弾ワンマン・ライヴ開催!
 ミニ・アルバム『59days preface』発売が迫るBACK DROP BOMB(以下、BDB)、さる2月2日(土)には東京・下北沢「GARDEN」で、メンバーの有松益男(ds)復帰後第1弾となるワンマン・ライヴを開催し大盛況!

 この日、チケットはすでにソールドアウトということもあり、会場の前にはオープンを待つ人の中に混じって「チケット買います!」のプラカードを掲げるファンの姿も。

 オープンと同時にスタートしたSKYFISHのDJが会場を揺らす中、メンバー登場のイントロが鳴り響くと、フロアからはいつも以上の割れんばかりの歓声が湧き起こる! そんなファンの期待に応えるかのように、「BOUNCE IT」「BLAZIN'」「FLIP OUT」といった1st、2ndアルバムからのキラー・チューンを連発、今まで以上にラウド&タイトになり、バンドの音がまるで一つの生き物のようなうねりを感じさせる新編成BDBのサウンドに、フロアは一瞬でモッシュピットと化す。

 途中で披露された『59days preface』からの新曲「ROAD」は、復帰した有松のドラムが重戦車のようにバンド全体を引っ張っていく、今後のBDBのライヴの柱となっていくであろうナンバー。「TURN ON THE LIGHT」「THAT'S THE WAY WE UNIT」ではNARI(SCAFULL KING / MASTER LOW)がサックスで参加、ステージをところ狭しと飛び回り、さらにフロアをヒートアップ!

 「YOU UP AROUND」で一旦メンバーがステージを後にすると、アンコールの声と同時に「マスオ」コールが湧き起こる……と、前作アルバム『THE OCRACY』の「INTRO」が鳴り響き、アンコールがスタート。アンコール3曲目には、重厚なサウンドの塊の中から飛び出してくる、哀愁を帯びたメロディが印象的な新曲「DIRTY BEATS」も飛び出す。ここでMCの最後に、Shirakawa(vo)がSCAFULL KINGの曲をアカペラで歌い出すと、NARIが再びステージに登場、するとそこへTGMX(tp)、AKIRATT(tb)も現われ、SCAFULL KINGのホーン隊が勢揃い!

 このうれしいサプライズにフロアが狂喜する中、「BLACK SKY ABOVE」「BAD NEWS COME」、そして「BACK DROP BOMB」と、キラー・チューン中のキラー・チューンが立て続けに披露され、この日のライヴは幕を下ろしました。


BACK DROP BOMB

BACK DROP BOMB

BACK DROP BOMB

BACK DROP BOMB
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす
[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い[インタビュー] スウィート&グルーヴィなSSW、待望の新作 kiki vivi lily
[インタビュー] ローリング・ストーンズ、ジャム、レディオヘッド…UKロックの名曲に挑んだ7年ぶりの新作、1966カルテット[インタビュー] みやけん  人気ピアノYouTuberがいよいよCDデビュー!
[インタビュー] NHK「世界ふれあい街歩きコンサート」人気テレビ番組が生演奏とその音楽と公演の見どころを作曲家・村井秀清が語る大画面で楽しむコンサートに[特集] あれもこれも、やつらの仕事。天才クリエイター集団の実態に迫る、DRAWING AND MANUAL
[特集] 映像配信サービス「dTV」に新ジャンル「ライブ」が誕生、ひと味違うライブ体験ができるその魅力[特集] ジョージ・ハリスン『オール・シングス・マスト・パス』 一新されたアルバムと驚きの貴重音源を収める50周年記念盤の聴きどころ
[インタビュー] 新作アルバムは、ずっと愛奏している作品で構成したオール・ショパン・プログラム、小林愛実[特集] 「Sony Park展」第3弾「ファイナンスは、詩だ。」 東京スカパラダイスオーケストラインタビュー
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015