ニュース

小林 豊らBOYS AND MEN総出演、映画『サムライ・ロック』が東海・北陸で先行公開

BOYS AND MEN   2015/05/11 15:26掲載
はてなブックマークに追加
小林 豊らBOYS AND MEN総出演、映画『サムライ・ロック』が東海・北陸で先行公開
 『仮面ライダー鎧武 / ガイム』出演、元パティシエという経歴を生かした「恋するスイーツレシピ」シリーズでもお馴染みの俳優、小林 豊が所属する名古屋発・男性アイドル・グループ、“ボイメン”ことBOYS AND MEN。小林をはじめメンバーが総出演した映画『サムライ・ロック』が全国に先駆け、東海・北陸地区の12劇場で5月9日(土)より先行公開。初日から二日間連続で舞台挨拶も行なわれ(計9劇場・18回)、大盛況となりました。

 また小林は公開に寄せて、「映画を撮るという(BOYS AND MEN)結成以来の夢のひとつが叶いました。稽古場もままならない頃にダンスの練習をしていた公園でライヴをするロケをしたときは感無量でした。東海地方を盛り上げるボイメン(BOYS AND MEN)の『サムライ・ロック』が全国に届くよう応援お願いします」とコメントしています。

 首都圏での『サムライ・ロック』公開は6月6日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷、109シネマズ川崎、同グランベリーモール、同菖蒲、関西地区は6月20日(土)よりシネ・リーブル梅田、T・ジョイ京都、109シネマズHAT神戸を予定しており、札幌、福岡をはじめとする主要都市での上映も控えています。

(C)2015Nagoya Dream Project製作委員会

『サムライ・ロック』
2015年6月6日(土)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか公開

[STORY]
450年前の戦国時代から、閃光に包まれ、時空を超えて、現代の名古屋にタイムスリップして来た織田信長と豊臣秀吉。ひょんなきっかけで弱小プロダクションの社長にスカウトされ、前の時代に帰るすべを知らない2人は、あれよあれよと唯一の所属バンドのメンバーに加わることに。この時代の文明に驚きとまどいながらも、仲間との友情を育み、同じ大きな目標を抱くことに。それは一流ミュージシャンの証であるJMCという音楽イベントで頂点に立つことだった。そんなある日、路上で信長と秀吉の前に立ちはだかる男が。彼は信長らと同じく現世に舞い降りた竹千代(徳川家康)だ。信長の口添えもあり、竹千代もまたメンバーの一員となることに。総勢6人となった彼らは常に自分たちの前を走る売れっ子バンド・バディーズの背中が見えるところまできたのだが……。


[出演]
小林 豊 / 水野 勝 / 本田剛文 / 田中俊介 / 勇翔 / 若菜太喜 / 田村侑久 / 辻本達規 / 土田拓海 / 平松賢人 / 吉原雅斗 / 篠田光亮 / 藤吉久美子 / 石黒 賢

監督: 中島 良
脚本: 早野 円・中川千英子
企画: 谷口誠治 
主題歌: BOYS AND MEN「零」
統括プロデューサー: 長岡由美香 堀口ひろみ
プロデューサー: 中西研二・清水真由美
制作プロダクション: MMJ
宣伝: 兼定力
配給: スターキャット
製作: Nagoya Dream Project製作委員会(フォーチュンエンターテイメント / CBCテレビ / 東海テレビ / メ〜テレ / 中京テレビ / スターキャット)
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015