ニュース

ジェフ・リンズELO、15年ぶりの新作『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』をリリース

E.L.O.(エレクトリック・ライト・オーケストラ)(Electric Light Orchestra)   2015/09/25掲載(Last Update:15/09/28 18:05)
はてなブックマークに追加
ジェフ・リンズELO、15年ぶりの新作『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』をリリース
 ジェフ・リンズELO(Jeff Lynne's ELO)が、ELOとしては15年ぶりのアルバム『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』(12曲入りスペシャル・ヴァージョン SICP-30890 3,000円 + 税 / 10曲入りスタンダード・ヴァージョン SICP-30891 2,500円 + 税)を11月18日(水)に発売します。そのアルバムから、1stシングル「ホエン・アイ・ワズ・ア・ボーイ」が公開されました。

 「ホエン・アイ・ワズ・ア・ボーイ」はジェフ・リンのこれまでの音楽人生について歌った曲。すでに名曲として永遠に残っていくことが約束されたようなメロディで“ヴィンテージELO”サウンドともいえるもの。ジェフ・リンは「音楽は人生に強力な影響を及ぼすんだ。一つのいい曲があれば、人はこの宇宙で孤独感をずっと味わわずに済む。そういう曲を一つ作ろうとすることによって、僕自身の孤独感もずっと弱まるんだ。僕の人生すべてが……バーミンガムで夢見る子供だったあの頃から今日に至るまでが、音楽にどれほどたくさんのことができるかの証明だよ」と語っています。


 また、米コロンビア・レコーズ(ソニー・ミュージック)社長のアシュリー・ニュートンもアルバムについて「『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』は純然たるポップスの完成形です。ELOのカムバックに携れることに私たちは胸を躍らせ、この現代の名盤を米コロンビア・レコーズ(ソニー・ミュージック)からリリースできることを非常に誇りに思っています」とのコメントを発表しています。

 ELOが過去にチャートのトップを席巻したかつてのアルバムと同様、ジェフ・リンは新作『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』でプロデューサー、ソングライター、アレンジャー、リード・シンガー、ギタリストを務めます。

 ジェフ・リンズELOとしては、2014年9月、ロンドンのハイドパークで開催されたBBCラジオ2主催のライヴ・イベント『フェスティヴァル・イン・ア・デイ』のヘッドライナーとして約30年ぶりにライヴを披露、ソールドアウトにした5万人のファン、そしてテレビ中継を見た100万人近くの視聴者の前で素晴らしいパフォーマンスを行ないました。また今年2015年2月に行なわれた第57回グラミー賞ではエド・シーランと共演、「Mr. Blue Sky」などを演奏するなど、復活の機運が高まっていました。

■2015年11月18日(水)発売
ジェフ・リンズELO
『アローン・イン・ザ・ユニヴァース』

12曲入りスペシャル・ヴァージョン SICP-30890 3,000円 + 税
10曲入りスタンダード・ヴァージョン SICP-30891 2,500円 + 税


[収録曲]
未定
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
[インタビュー] “歌がうたえればそれでいい”って思えるわたしでありたい 山崎あおい『FLAT』[インタビュー] クラシック音楽と人々、作曲家と現代人を“つなげる”清塚信也の最新アルバム『connect』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015