ニュース

ふかわりょうプロデュース“COSMETICS”、遂に顔出し!

ふかわりょう   2009/03/06 15:08掲載
はてなブックマークに追加
ふかわりょうプロデュース“COSMETICS”、遂に顔出し!
 写真左より、このな、ひでよ、しずな――。年明けから徐々にその全貌が明らかになってきた、芸人ふかわりょうがプロデュースする“ユーザー育成型”の3人組アイドル・ユニット、COSMETICS。ユーザーの愛(ダウンロード数・動画再生数)が規定値を超えたことにより、彼女たちの素顔が本日、遂に解禁!

 まず、彼女たちのオフィシャルBlog「世界はLOVEを求めてる」(http://ameblo.jp/cosmetics-blog/)のプロフィール欄には、彼女たちの似顔絵(ふかわりょう画)に代わり、3人の写真が登場!

 渋谷系でも原宿系でもない、どこにでもいる普通の女の子。そんなイメージから名付けられた“登戸系アイドル”。そのあどけない表情を見れば納得かと。







 “顔出し”に併せ、本日よりYouTubeやYahoo!動画サイトなどで、去年の12月3日に配信限定シングルとして発売された「LOVE IS ALL」のPVも解禁に。この映像の中でも、今まで彼女たちの顔を覆っていた似顔絵やモザイクは取り払われ、3人の“素顔”があらわになっています。

 PVの内容は、彼女たちのプライベートの生活が垣間見える……どころか、彼女たちの自宅の様子までが明らかにされた、レア映像が満載(メンバーの家族が登場するシーン!)。今回、PVの制作を手がけたふかわ氏は「作られたものではなく、あくまで彼女たちの日常・素顔、そしてその中に存在する様々な愛を映像にしました。特別なものではないありふれたLOVEの瞬間を感じてもらえればと思います」とコメント。

 今後は“顔出し”が基本で活動をしていくことになる彼女たち。すでにテレビ番組からの出演オファーも殺到しているとか……しかし、ここまで“引っ張った”手前、そのプレッシャーは相当なものなのでは?という疑問に対して、ふかわ氏は「僕としてはなんの不安も抱いていません。というのも、もうそのような段階ではないからです。アイドルの命ともいえる顔を隠した状態でもずっと応援してきてくれた人たちは、仮に彼らのイメージと違ったからといって、すぐにそれをやめないでしょう。彼女たちの容姿ではなく人間性に賛同してくれた人たちだから、イメージとのギャップを難なく越えてくれると思います」と語っています。

 時間をかけて、小さなことを大切にしてきたことに対する自信はゆるぎないというふかわ氏。今回のPVも、外注のスタッフに頼ることなく、制作費用を一切掛けない、自ら1人で撮影、編集を手がけるDIYスタイルをセレクト。ユーザーからの“愛”を糧に進化を続けるCOSMETICS、今後も要注目。


COSMETICS「LOVE IS ALL」

※12月3日発売 デビュー曲『LOVE IS ALL』
レコチョク等で絶賛配信中!


■COSMETICSオフィシャルBlog
『世界はLOVEを求めてる』
http://ameblo.jp/cosmetics-blog/

■ラジオ『ROCKETMAN SHOW!!』J-WAVE毎週土曜26:00〜29:00
http://www.j-wave.co.jp/blog/rocket/
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] みずからを解き放ち、どこへでも自由に羽ばたいて行ける――ミロシュの復帰第1作『サウンド・オブ・サイレンス』[インタビュー] 大阪在住の4人組、POP ART TOWNの1stアルバムに満ちるフレッシュなポップ・センス
[インタビュー] 大切なのは生活リズムのメリハリ。“睡眠研究の権威” 西野精治教授が監修する眠りと目覚めのクラシックCD[インタビュー] のろしレコード 松井文、折坂悠太、夜久一、シンガー・ソングライター3人が出会って生まれた歌
[インタビュー] ピアニスト、ユップ・ベヴィンが映画『楽園』に提供した寂しさと希望の共存する音楽[特集] 1日だけのポイントカラーを楽しむ毛髪着色料「PAF 1-day hair tint」×ファッション・アイコン「lol」が盛り上げる「特別な1日」
[インタビュー] インドで生まれ、アメリカで学び、現在は日本で活躍する異色のシンガー・ソングライター、teaがメジャー・デビュー・アルバム『Unknown Places』を発表[インタビュー] ジョヴァンニ・アレヴィ ポップからクラシックまでジャンルを横断するイタリア出身のピアニストの“愛のアルバム”
[インタビュー] 高野寛 デビュー30周年の締めくくりとなるアルバムは“今”を表現する原点回帰作[インタビュー] 第2番の協奏曲には“青年ベートーヴェン”の力強さがみなぎっている――ピアニスト児玉麻里、〈東芝グランドコンサート2020〉に出演
[インタビュー] ZOC “共犯者”大森靖子が仕掛ける超個性派アイドル・グループ[インタビュー] スイーツ大好きアイドル♥ 甘党男子が甘〜く登場
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015