ニュース

グスターボ・ドゥダメル、ニューヨーク・フィルハーモニックの音楽監督に就任

グスターボ・ドゥダメル   2023/02/08 13:35掲載
はてなブックマークに追加
グスターボ・ドゥダメル、ニューヨーク・フィルハーモニックの音楽監督に就任
 ニューヨーク・フィルハーモニックが、グスタフ・マーラーアルトゥーロ・トスカニーニレナード・バーンスタインピエール・ブーレーズらが務めてきた、同楽団の音楽監督に、2025〜2026年のシーズンからグスターボ・ドゥダメル(Gustavo Dudamel)が就任することを発表しました。任期は5年となります。

 グスターボ・ドゥダメルは、ベネズエラ生まれの42歳。エル・システマで音楽を学び、1999年にはシモン・ボリバル交響楽団の音楽監督に。2009年からロサンゼルス・フィルハーモニック、2021年からパリ・オペラ座の音楽監督を務めています。また、日本で2022年に公開されたスティーブン・スピルバーグ監督の『ウエスト・サイド・ストーリー』では、音楽をドゥダメル指揮ニューヨーク・フィルハーモニックが演奏しました。

 ニューヨーク・フィルの音楽監督就任について、ドゥダメルは「今日、私は何よりも感謝しています。この新しく美しい旅にともに乗り出すニューヨーク・フィルハーモニックの音楽家と指導者に、数え切れないほどの挑戦と勝利の中で学び、成長させてくれたロサンゼルス・フィルとYOLA(ロサンゼルス青少年オーケストラ)の愛する家族に、そして最初から私のそばにいたマエストロの(ホセ・アントニオ・)アブレウとベネズエラの音楽家に、感謝の念を抱いています。偉大な詩人フェデリコ・ガルシア・ロルカが言ったように、“地球上での一歩一歩が私たちを新しい世界へと導いてくれる”のです。私は、ニューヨークで目の前に広がる世界を喜びと興奮とともに見つめ、次の3シーズン、そしてその先も、愛するアンジェレナ(ロサンゼルスの人)の皆さんと分かち合ってきた、そしてこれからも分かち合っていく世界を誇りと愛情をもって見つめています。私たちは皆、文化がより良い世界を創るという信念と、音楽は基本的な権利であるという夢で結ばれているのです。これからの仕事が楽しみです」とコメントしています。

ニューヨーク・フィルハーモニック
nyphil.org
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] KERA、還暦記念ライブ直前インタビュー(よりぬき版)[インタビュー] illiomote 新たなモードのサウンドを詰め込んだEP
[インタビュー] ピアノYouTuberみやけん 待望の3rdアルバム![インタビュー] 加古 蓮/袈福新映像を追加した〈NHKスペシャル「映像の世紀コンサート」〉の聴きどころ見どころ
[インタビュー] 5年間の集大成、これが進化を遂げたTANAKA ALICEスタイル[インタビュー] 俳優としても知られる松下優也 アーティスト・プロジェクト“YOUYA”連続リリース
[インタビュー] パーティ・パンク・バンド“PET”約18年ぶりの新作フル・アルバム[インタビュー] 鞘師里保、ダンス・ミュージックをさらに深く追求した 3rd EP
[特集] ザ・ビートルズ、中期の傑作アルバム『リボルバー』がスペシャル・エディションで登場![インタビュー] ケイコ・リー、豪華コラボレーションも収録する4枚目のベスト・アルバム『Voices IV』
[インタビュー] 上西千波、ジャズと短編小説でリスナーに寄り添う新作アルバム『恋愛小説II』を発表[インタビュー] 日向坂46・佐々木美玲がお悩み相談コメディドラマに挑戦
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015