ニュース

ジミー・クリフ、2015年4月の来日公演が決定!

ジミー・クリフ   2014/12/18 15:14掲載
はてなブックマークに追加
 レゲエのジャンルを超えて愛され続ける生きる伝説、ジミー・クリフ(Jimmy Cliff)の来日公演が決定しました。2015年4月14日(火)〜16日(木)東京・赤坂 Billboard Live TOKYO、17日(金)大阪・梅田 Billboard Live OSAKA。各日2ステージあり、ビルボードライブの会員は2月6日から、一般は2月13日(金)から各会場で予約を受け付けます。

 1960年代はじめのデビュー以来、一線で活躍し続けてきたジミー・クリフは、90年代に映画『クール・ランニング』の主題歌「アイ・キャン・シー・クリアリー・ナウ」が大ヒットを記録。2010年にはボブ・マーリーに続き、レゲエ界では2人目の“ロックの殿堂”を達成し、2013年には7年ぶりとなる新作アルバム『再生〜REBIRTH』をリリース。2014年はレゲエ映画の金字塔『ハーダー・ゼイ・カム』の40周年を記念したHDニューマスター版が発売され、GREENROOM FESTIVAL'14にも出演するなど、現在も魂に響く神懸かった歌声とパフォーマンスで多くのオーディエンスを今も魅了し続けています。ボブ・マーリーと並んでレゲエ界を代表するこの偉大なミュージシャンは現在70歳。ルーツ・ミュージックを世界に羽ばたかせたレジェンドの勇姿に触れられる貴重な機会をお見逃しなく。
最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] アグネス・オベル 音楽は秘密の日記、デンマークのSSWがひとりで作り上げた新作[インタビュー] The mellows “ヴェイパーウェイヴ”ではなく自分たちらしさを追求した新作
[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(後編)[インタビュー] フォトグラファー有賀幹夫が捉えたストーンズの魂(前編)
[インタビュー] maco marets 気鋭のラッパーが語る、ひとくぎりの3枚目『Circles』までの道のり[インタビュー] チャクラ 強烈な個性で伝説的存在となっているバンドの未発表ライヴCDを、チリ人のマニアが制作
[インタビュー] 女子のリアルを綴るSSW、コレサワ “すごく前向きな”失恋アルバム[特集] Sound Schedule 鮮度の高い演奏を聞かせる3人組 2020年ライヴ最速レポ
[インタビュー] 眉村ちあき 弾き語りトラックメイカーアイドル あらゆる面で成長した渾身の新作[インタビュー] 湯浅湾 我々は“望まない” 10年ぶりの新作『脈』をバンマスが解説
[インタビュー] SKY-HIからエルメート・パスコアールまで、多彩なゲストを迎えた全曲オリジナルの新作『イン・ザ・キー・オブ・ジョイ』を発表[インタビュー] Soggy Cheerios(ソギー・チェリオス) 新たな局面を迎える手応え
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015