ニュース

かりゆし58・前川真悟 + あびこめぐみ“茜の海”がプロレスラー・日高郁人の20周年記念ソングを生披露

かりゆし58   2017/03/21 14:57掲載
はてなブックマークに追加
かりゆし58・前川真悟 + あびこめぐみ“茜の海”がプロレスラー・日高郁人の20周年記念ソングを生披露
 プロレスラー・日高郁人が、デビュー20周年興行〈日高祭り20〉を3月15日、東京・豊洲 PITにて開催。同イベント内にて、かりゆし58の前川真悟と、日高の妻でもあるシンガー・ソングライターのあびこめぐみによるスペシャル・ユニット“茜の海”が日高のデビュー20周年を記念して制作した楽曲「太陽のひと」を生披露しました。

 会場では“日高郁人&藤田ミノル VS 丸藤正道ディック東郷”のメインタッグマッチや、日高が大谷晋二郎豊田真奈美をはじめとする20人のレスラーと1分の持ち時間で連続して戦う“日高郁人20人がけ”が行われたほか、第2試合の6人タッグマッチには元横綱のプロレスラー・曙 太郎が参加。ショータイムには電撃ネットワーク、お笑いコンビ・ニッチェ江上敬子 + 近藤くみこ)、ベーシスト / シンガー・ソングライターのIKUOが登場しました。

拡大表示拡大表示拡大表示拡大表示
拡大表示拡大表示拡大表示拡大表示

 オープニング・ショータイムに登場した電撃ネットワークは“ドライアイス大好き男”や“頭くっつき気合い男”などの定番ネタに加え、新メンバー・今日元気による“睾丸野郎”などのネタも披露。リーダーの南部虎弾は、日高が「ますますお金に恵まれますように」と“福耳男ホチキスマン”を披露し、日高の現役生活20周年を祝福。

拡大表示

 イベント後半に登場したニッチェの江上敬子は、日高と同じ島根県出身。試合での日高の格好よさを賞賛しながらも、飲み友達としての日高について「普段はだらしないんですよ」と暴露。メインタッグマッチ終了後の出演で「この流れで面白くできない」と弱気だった江上と近藤くみこは、ショートコントや得意の歌ネタで会場を沸かせました。

拡大表示拡大表示拡大表示

 日高に提供している入場テーマ曲を生バンドで披露後、20周年を祝福したIKUOも、日高と同じ島根県の出身。共に地元PRユニット“いくおといくと”としても活動する日高にコメントを求められ「(会って)本当にすごく近所だってわかって、名前も“いくお”“いくと”と近くて、こんな偶然あるんだなって思って仲良くさせてもらっています」とコメント。

拡大表示拡大表示拡大表示拡大表示

 クライマックスは20人の縁あるレスラーとの“20人がけ”。疲労困憊となった日高に、タッグの相方でもある藤田が「30周年では“30人がけ”をしてはどうか」と提案すると、「もう喋らせんなよ……。ムリです…」と息を切らせながら話し、会場の爆笑を誘いました。

 イベント最後には、この日出場した全選手がリングサイドで見守る中、スペシャル・ユニット“茜の海”がIKUOらを従えたこの日だけの編成で日高20周年記念ソング「太陽のひと」を生演奏。号泣する日高に、妻のあびこは歌唱後「泣くなよ!」と声を掛け、大団円となりました。

拡大表示拡大表示拡大表示

最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[特集] ドキュメンタリー作品『ザ・ビートルズ:Get Back』を観た![インタビュー] ILL-BOSSTINO(THA BLUE HERB)、dj hondaとのジョイント・フルアルバムを発表
[特集] スティング、「僕らには架け橋が必要なんだ」新作『ザ・ブリッジ』を本人のコメントとともに徹底解説[インタビュー] 藤木大地、日本が世界に誇るカウンターテナーが舞台をもとにした新作アルバムを発表
[インタビュー] “ひねくれポップの大団円”がつぽんず、初の全国流通版[インタビュー] カーネーション、4年ぶり通算18枚目のアルバム
[インタビュー] 在ノルウェーのピアニストがECMからの初リーダー作で聞かせる“静寂の美”、田中鮎美[特集] ストーンズたらしめる音楽を磨き上げた傑作の40周年記念エディションを聴く
[インタビュー] ももすももす、ドラマ『どうせもう逃げられない』主題歌「サーモクライン」を発表[インタビュー] ちゃんみな、集大成ともいえる3rdフル・アルバム その名も『ハレンチ』
[特集] ザ・ビートルズ『レット・イット・ビー』 ビートルズ最後のアルバムを貴重音源満載のスペシャル・エディションで味わいつくす[インタビュー] 荘村清志 30〜40年ぶりに弾き、その魅力に引き込まれたアルベニスの作品集に込められた思い
https://www.cdjournal.com/main/cdjpush/tamagawa-daifuku/2000000812
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
Kaede 深夜のつぶやき
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015