ニュース

熱烈歓迎! カーラ・ボノフが来日!

カーラ・ボノフ(Karla Bonoff)   2003/12/24掲載(Last Update:08/03/31 17:57)
はてなブックマークに追加
 例えば1979年の2ndアルバム『ささやく夜に』(写真)のアンニュイな表情の彼女にグッと来てしまう男性ファンも多いでしょう? 溌剌としたロックンロールあり、ガース・ハドソンがアコーディオンを弾くフォーキーなバラードありのウエストコースト然とした名盤でしたが、後にAOR化する彼女を、そのラウンド・ミッドナイトな姿が予見しているようです。同時期に活躍し、後にAOR化する女性ウエストコースターと言えばニコレット・ラーソンリタ・クーリッジ等、様々な人がいるけど、このカーラだけは、ちょっと他と違う特殊な存在感がありますよね? 黒髪だし。

 さて、そんなカーラ・ボノフが来日です! しかも今回は『ささやく夜に』はもちろん、デビューアルバムから彼女のプロデュースを努めた初期アルバムの立役者、ケニー・エドワーズも一緒にやって来ます! ブルーノートでの公演となりますので、ちょっと大人時間です。オンタイムで彼女の音楽を聴いていた方、特に結婚10周年を迎えるような夫婦の方にピッタリのジュエリーナイトになりそうです! スウィート10ダイヤモンドをポッケに忍ばせて、御夫婦でカーラの歌に聴き惚れてみては?

3/8、9 ブルーノート福岡
3/10、11 ブルーノート大阪
3/12、13 ブルーノート名古屋

※詳細は、各店のHPにてご確認下さい。
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] “生命のありさま”みたいなもの――ORIGINAL LOVE『bless You!』[インタビュー] もっと正直になりたい――本気は、きっと伝わる 杏沙子『フェルマータ』
[インタビュー] 三遊亭円丈「恋のホワン・ホワン」など“カルトな名作”を手がけた中村俊夫がトリオ・レコードの軌跡を語る[インタビュー] 自分が魅せられた“ヒップホップ”を表現したかった “DEFなYが送る特別授業”YUKSTA-ILL『DEFY』
[インタビュー] 自分にとっては“禊”って感じ――LIBRO『SOUND SPIRIT』[インタビュー] 自分がどう思ったか、どう判断したか “らしさ”を模索するYoumentbay
[インタビュー] 稀代の名プロデューサー、トレヴァー・ホーンが80年代の名曲をフル・オーケストラとともにカヴァーしたニュー・アルバムを発表[インタビュー] “常に自分をアップデートさせたい”前向きな姿勢を反映したE.P第2弾、竹内アンナ『at TWO』
[インタビュー] みんな“トモダティ” エレクトロオルタナティブユニット“tomodati”登場[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表
[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015