ニュース

川嶋あい恒例のワンマン・ライヴ、今年は10年前と同じセットリスト

川嶋あい   2012/08/21 15:11掲載
はてなブックマークに追加
川嶋あい恒例のワンマン・ライヴ、今年は10年前と同じセットリスト
 路上での演奏活動を始めた2002年から10年、I WiSHのメンバー“ai”としてデビューした2003年から10年。2012年から2013年にかけて2度のアニヴァーサリー・イヤーを迎える川嶋あいが、歌手になることを誓った母親の命日である8月20日、毎年恒例のワンマン・ライヴを東京・渋谷公会堂にて開催。記念すべき10回目の開催ということで、“初心の気持ちで歌う”という思いを込めて10年前と同じセットリストで臨むスペシャルなライヴとなりました。

 ライヴは、川嶋が初めて手売りした幻のミニ・アルバム『この場所から…』収録の「ガラスの中の私」、5th手売りCD『明日を信じて…』収録の「シャングリラ」と、ストリートで演奏していた時代の楽曲からスタート。このサプライズにファンは歓喜! それに応え川嶋は「10年前のあの日にタイムスリップした新鮮な気持ちで一生懸命歌います。今日は(渋谷公会堂を)世界一のステージにします!」とMC。10年前とは一味違う、貫禄のパフォーマンスを披露しました。

川嶋あい

 鳴り止まぬ歓声に応えたアンコールでは、「見えない翼」「My Love」「旅立ちの日に…」と代表曲を披露。「今まで毎年この8月20日ライブが終わると、“来年は今年を上回るライヴをする為にどんな演出をしよう”って考えていたんですけど、私には毎年変わらず来て下さるファンの皆さんやスタッフ、大切な人達がいるこの温かい空間があるという事が何よりも幸せなんです。なので今日は何よりも大切な皆さんの前で“ずっと歌い続けていく”ことを約束します。ありがとうございます」とコメントし、ラストには母親に向けて書かれた楽曲「…ありがとう...」を歌唱。「みんなが胸を張って“川嶋あいのファンだよ”って言えるような存在になりたい。今日集まって下さった私の大切な皆さん、本当にありがとう!」とファンに感謝の気持ちを述べ、閉幕となりました。

川嶋あい
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] 二人だけれど、一人でやってるみたいな感じ――結成40周年を迎えたGONTITIが7年ぶりのアルバムを発表[インタビュー] マックス・リヒター、重要作をほぼ網羅&自身も演奏に参加する15年ぶりの来日公演開催
[インタビュー] “会える”実感を大切に――ActEvolve・加藤CEOが語るVRが導く新しい音楽ライヴ[インタビュー] ベイ・エリア・ヒップホップへの偏愛――ILL-TEE「STAY TRUE / BOTTLE AFTER BOTTLE」
[特集] セットリストはおなじみの名曲ばかり! 新作完成を記念したトレヴァー・ホーン最新ライヴ・レポート[インタビュー] 20年に愛と感謝を込めて――守屋純子オーケストラの定期公演「20 Years of Gratitude」
[インタビュー] 周りとは違うやり方で、どれだけ存在感を示していけるか 18scottとSUNNOVAの見つめる先とは[インタビュー] ストイックさとグルーヴ感を併せ持つテクノDJ、Sakiko Osawaが初のフル・アルバムをリリース
[インタビュー] アーティストとしての成長が呼んだ“物言わぬ感性の一致” 早見沙織『JUNCTION』[インタビュー] 現代ヒップホップにおける“プロデュース”について考える――Ryohu『Ten Twenty』
[インタビュー] 丸みのある、自然体の音楽 Opus Inn『Time Rolls On』[インタビュー] 消費者だったら消費者らしく盛り上がれ “侵食する”ARKHAM
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015