ニュース

菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール、ツアー・オープニング公演をブルーノート東京で開催

菊地成孔   2019/01/11 12:27掲載
はてなブックマークに追加
菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール、ツアー・オープニング公演をブルーノート東京で開催
 結成15周年を迎え、さらに進化する菊地成孔ペペ・トルメント・アスカラールが、2年ぶりに〈ツアー2019“罪深き楽団の遠征”〉を開催。3月18日(月)に東京・南青山 BLUE NOTE TOKYOにてオープニング公演が行なわれます。

 世界でも類例のない超混血系オルケスタとして、クラブからコンサート・ホールまで熱狂させるペペ・トルメント・アスカラールは、菊地がソロ・アルバム『南米のエリザベス・テーラー』(2004年)の世界観をライヴで表現するために結成。菊地のサックス&ヴォーカル&コンダクツ、2パーカッション、ハープ、弦楽四重奏、ピアノ、ベース、バンドネオンで構成され、ゲストにポピュラー音楽のシンガー、オペラのソプラノ、アンダーグラウンドのラッパーなどジャンルを超えて召喚し、唯一無二の音作りを繰り広げてきました。常に発展し続ける彼らの最新ステージです。座席の予約は、Jam Session会員が1月16日(水)、一般Web先行が1月23日(水)、一般電話が1月26日(土)よりそれぞれ受付け開始。詳細はBLUE NOTE TOKYOのオフィシャル・サイトでご覧ください。

菊地成孔とぺぺ・トルメント・アスカラール
ツアー2019 “罪深き楽団の遠征”

www.bluenote.co.jp/jp/info/2019/01/09/naruyoshi-kikuchi-y-pepe-tormento-azucarar-1.html

3月18日(月)
東京 南青山 BLUE NOTE TOKYO
1st 開場 17:30 / 開演 18:30
2nd 開場 20:20 / 開演 21:00
チャージ 7,500円(税込 / 飲食代別)

[メンバー]
菊地成孔(vo, sax, cond)
林 正樹(p)
鳥越啓介(b)
早川純(bandneon)
堀米 綾(hp)
田中倫明(perc)
大儀見元(perc)
牛山玲名(1st vn)
田島華乃(2nd vn)
舘泉礼一(va)
関口将史(vc)
オール・ジャンル 最新ニュース
※ 掲載情報に間違い、不足がございますか?
└ 間違い、不足等がございましたら、こちらからお知らせください。
※ 当サイトに掲載している記事や情報はご提供可能です。
└ ニュースやレビュー等の記事、あるいはCD・DVD等のカタログ情報、いずれもご提供可能です。
   詳しくはこちらをご覧ください。
[インタビュー] CAPTAIN TRIP RECORDS&MARBLE SHEEPのKEN MATSUTANI率いる“KEN & THE STRANGE MOON”が1stアルバムをリリース[インタビュー] ピアノ演奏の基礎の部分をショパンで構築してきた――牛田智大、10代最後に取り組んだショパン・アルバム
[インタビュー] ホセ・ジェイムズが新レーベル「レインボー・ブロンド」を始動――第一弾アーティスト・ターリがデビュー・アルバムをリリース[インタビュー] もうひとつのシティ・ポップ――Dos Monos『Dos City』
[インタビュー] 音楽は、生き方そのもの BUPPON『enDroll』[インタビュー] トリオ・レコードが遺したミュージカル作品 発売当時のディレクター徳光英和が『上海バンスキング』などについて語る
[インタビュー] 想像を形にする“宇宙”を舞台とした、Shing02とSauce81の共作アルバム『S8102』[インタビュー] 音ゲーは“音楽の楽しさを伝えるツール” モリモリあつし『タイムカプセル』
[インタビュー] ブルッフの協奏曲は、人生のステージの中でいつも傍にあった曲──アラベラ・美歩・シュタインバッハー、〈東芝グランドコンサート2019〉に出演[インタビュー] 新しいセッションだから“シーズン2” Mari & Bux Bunny シーズン2始動
[インタビュー] いまだからこそ作れたコレクション 鈴木惣一朗が細野晴臣プロデュース・レーベル「ノンスタンダード」について語る[インタビュー] 仏教と音楽が私の楽しみであり、人生のともしび――三浦明利『いのちのともしび』
https://www.cdjournal.com/main/special/showa_shonen/798/f
e-onkyo musicではじめる ハイカラ ハイレゾ生活
新譜情報
データ提供サービス
弊社サイトでは、CD、DVD、楽曲ダウンロード、グッズの販売は行っておりません。
JASRAC許諾番号:9009376005Y31015